JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 報告書等 > 書籍 > 日本の未来を拓く医療 ―治療医学から先制医療へ―

[本文]

報告書等

書籍

2012年12月
日本の未来を拓く医療 ―治療医学から先制医療へ―

日本の未来を拓く医療 ―治療医学から先制医療へ―
京都大学名誉教授 先端医療振興財団理事長
井村 裕夫(いむら ひろお) 全体編集

科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST-CRDS) 企画

【発行元】医学書出版 診断と治療社
【税込価格】4,725円
【判型・フォーマット】B5判 並製
【ページ数・時間】200ページ
【ISBNコード】9784787819857
【発行年月】2012年12月発行

【内容紹介】

発症前に疾患を診断し,治療介入する“先制医療”の実現に重要な研究として,ゲノム,エピゲノムなどを取り上げた.また,先制医療の実現が期待されるアルツハイマー病,2型糖尿病,骨粗鬆症,乳がんについて解説.巻頭では,医療のこれまでの流れと今後の潮流,および先制医療のコンセプトを説明した.国民,医療従事者等に幅広く先制医療の考え方を普及・啓発することを目的とし,疾患予防を考える先駆的な書.

【目次】

口絵カラー
はじめに/井村裕夫
執筆者一覧

総論
転換期を迎えた医学と医療 ―今なぜ先制医療が必要か―/井村裕夫

第1章 先制医療
先制医療とは ―その概念と施策の現状―/井村裕夫,辻 真博,中村亮二

第2章 先制医療の実現に向けた課題(個別技術と政策面)

  1. ゲノム情報/鎌谷直之
  2. エピゲノム/牛島俊和
  3. プロテオーム/松山正佳,佐藤孝明
  4. メタボローム/清野 進,横井伯英
  5. 分子イメージング/渡辺恭良
  6. 大規模ゲノムコホート研究/松田文彦
  7. 医療政策,医療技術評価,リテラシー/川上浩司

第3章 先制医療の実現に向けて

  1. アルツハイマー病/岩坪 威
  2. 2型糖尿病/稲垣暢也
  3. 骨粗鬆症/杉本利嗣
  4. 乳がん/藤原康弘,清水千佳子

第4章 座談会
先制医療の実現に向けた,現状と今後の課題/稲垣暢也,岩坪 威,井村裕夫,永井良三

用語説明
索引