Page Link
Members Only

アロキヤサミーさん

Arockiyasamy
留学先
静岡大学
出身国
インド
名前
アロキヤサミー

日本への留学や現在の研究にさくらサイエンスプランはどのような役割を果たしましたか?

静岡大学で学ぶプログラムに参加できたことは、とても幸運なことでした。プログラムの中では、大学院の研究科長が、静岡大学の様々な奨学金やコースについて紹介してくれました。更に、多くのラボを訪問し、教授たちと議論することもできました。この経験は、研究者としてキャリアを進める 参考になりました。研究環境に触れることで、とても興味深く魅力的な科学の側面を知ることができたからです。ここで研究することは自信にもなるし、同時に、異なる文化を持った研究者たちと知り合える素晴らしい場を与えてもらうことにもなります。静岡大学ではさまざまな機器を自由に使えますし、デバイスや技術を学ぶのも助けてくれます。分析方法や分野についても教えていただきましたが、それらの多くは実務的な観点から母国の大学ではカバーしていません。こうしたアシストがあることから、私は静岡大学でより学ぶため、交流を続けることを決めました。JSTが与えてくれた機会に心から感謝しています。

日本での生活についてのコメントをいただけますか?

日本は多くの重要な文化遺産と西洋文化とは異なる多くの風習にあふれた素晴らしい国です。私は6か月の滞在で、研究はもちろん、日本での日常生活についても多くを学びました。そしてさくらサイエンスプログラムにより、私は日本で研究することにしました。大学の教授・先生方は研究における困難を克服するため、優しく助けてくれました。日本人は自分の仕事に対して誇りを持っていると同時に、仕事に自己を捧げている面もあると思います。統制されていて規則正しいワーキングスタイルは、正確性を向上させ、余計な仕事を減らしています。また、日本は昨今、異なる文化背景を持つ国々から勉学・研究目的の学生たちを、広く受け入れています。

これからさくらサイエンスプランに参加を希望する皆様にメッセージをお願いいたします。

海外で自主的に学ぶことは、個人的・学問的にも、また、キャリアのゴールを実現するためにも大きな一歩となるでしょう。私は修士・博士課程に進学する前に、このような短期プログラムを体験をするべきだと思います。その中で多くを経験し、まったく新しい世界でより自立し、生き延びるすべを学べるからです。このプログラムではとても良い体験ができるでしょう。あなたは自分自身の研究に対する熱意にも目覚めるでしょう。そしてそれは将来的にあなたのキャリア形成を左右するでしょう。異なる文化を持った多くの人々と出会い人的コネクションを広げることも素晴らしい経験の一部です。