Page Link
Members Only

トムノットさん

Laddawan
留学先
熊本大学
出身国
タイ
名前
トムノット

日本への留学や現在の研究にさくらサイエンスプランはどのような役割を果たしましたか?

多くの生徒さん、研究者、教授の皆さんと良い関係を築くことができました。また異なる研究分野について意見交換や共有ができました。それに加えて私は貴重な講義に参加する機会に恵まれ、バイオマス利用や触媒開発における知識を広げることができました。また研究機関を訪問したことで、実際にその産業の現場で何が起きているか、を垣間見ることができました。

日本での生活についてのコメントをいただけますか?

最初に日本での交流を通して多くの素晴らしい体験をしました。熊本大学では他国からの著名な教授による講義に参加する機会が沢山ありました。講義では研究テーマについて学ぶことができ、また自分の研究について情報を得ることもできました。他にも滞在中は知識豊富な教授の協力のもと課題を与えられました。教授は知識を惜しみなく共有してくれました。また私が研究で問題に直面するといつも救いの手を差し伸べてくれました。研究所では多国籍の友人もできました。我々は常にお互いの問題点を共有し、一緒に話し合っています。日本人学生も温かく迎えてくれたこともあり、私自身、自然に日本文化を受け入れることができました。最後に奨学金を受けることで、私は日本で不自由のない生活ができました。日本で交流の機会を与えられたことに感謝しています。

これからさくらサイエンスプランに参加を希望する皆様にメッセージをお願いいたします。

交流プログラムに後輩のみなさんがもっと積極的に参加することをお勧めします。私にとって、日本の交流プログラムは学問的環境だけではなく、私のウィークポイントでもあったコミュニケーションや専門的なテクニカル・スキルについても成長させてくれました。少しでも興味があればチャンスを手に入れ、交流プログラムに参加してみてください。