サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト

徳島県立総合教育センター

高校生向け「組換えDNA実験講習会」

 本講座は,徳島県内の高校生が遺伝子組換え実験を体験できるように,徳島県立総合教育センターと徳島大学疾患プロテオゲノム研究センターが連携して企画しました。
 大学の充実した設備・施設を活用し,遺伝子組換えの基礎的な実験を行うことにより,遺伝子組換えとバイオテクノロジーに関する正しい知識と理解を深めるとともに,科学的手法を身につけることをねらいとして実施しました。また,ゲノムや遺伝子に関する研究が,医療や食品をはじめ,様々な分野で私たちの生活に大きな影響を及ぼしていることを実感できるように工夫しました。
 講義では,事前に所属高校で学習してきた内容を発表した後,遺伝子組換え実験の原理や安全な取扱いに関連する法令について学習しました。実習では,「大腸菌の形質転換」として,大腸菌へのGFP遺伝子の導入,大腸菌コロニーの出現の観察,「ヒトゲノムの多型」としてDNAの抽出とPCR法によるDNAの増幅,ゲル電気泳動による遺伝子情報解析を2日間に行いました。
 講座のまとめとして,得られたデータの数値的解析や実験結果の分析を行い,考察した結果を班別で討議しました。討議した内容を発表し,考察や理解を深めました。
AK120005-photo-2012-1.jpg  AK120005-photo-2012-2.jpg
AK120005-photo-2012-3.jpg