[本文]

大学発ベンチャー表彰2021 受賞者一覧

文部科学大臣賞


福田 恵一
企業名
 Heartseed株式会社
代表者氏名
福田 恵一(代表取締役社長)
支援大学等
慶應義塾大学 医学部 循環器内科 教授 福田 恵一
支援企業
味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所 上席研究員 岡元 訓
事業内容
心臓移植しか抜本的な治療法が無い重症心不全に対して、心筋再生医療を実用化すべく研究開発を行っている。
会社概要
2015年の設立以来、総額82億円を調達し、治験準備に向けた非臨床試験を実施し、心筋細胞の製造方法を確立してきました。2021年3月に第1/2相試験(LAPiS試験)の治験届が受理され、本年後半の投与開始を目指しています。また本治療の海外展開を見据えて、グローバル製薬大手のノボ ノルディスク社と日本のバイオベンチャーの歴史で過去最大、総額約660億円に及ぶライセンス契約を締結している。
大学による支援内容
慶應義塾大学医学部信濃町キャンパスにある1室約100平米の研究スペースを3室使用し、多くのアカデミア研究員や他企業と最先端の研究開発を共同で行い、重要知財の共同出願やトップジャーナルへの論文発表など、大きな研究成果を上げる事が出来た。
企業による支援内容
味の素社は慶應大と心筋細胞培養に理想的な培養液を10年がかりで完成させた。これらで高純度の心筋細胞を大量に作製することが可能となった。同社はこれらの培養液をHeartseed社に独占提供することで、当社の競争力向上に寄与している。
受賞理由
iPS細胞を用いた心筋再生医療で心臓病治療に対して新たな扉を開こうとしている企業であり、実用化されれば心不全患者の心機能の長期的な改善に寄与することが期待されている。高い技術力と海外大手企業との積極的な連携関係構築等のグローバル展開を含めた戦略的取り組みは、日本の再生医療ベンチャーにおけるロールモデルとなりうると考えられ、今後大きく成長することが期待される。

経済産業大臣賞


梅川 忠典
企業名
 リージョナルフィッシュ株式会社
代表者氏名
梅川 忠典(代表取締役社長)
支援大学等
京都大学 農学研究科 応用生物科学専攻 海洋生物機能学分野 准教授 木下 政人
支援企業
株式会社荏原製作所 代表執行役社長 浅見 正男
事業内容
水産物の品種改良×スマート養殖を組み合わせた次世代養殖システムを構築し、日本の水産業の変革を目指す。
会社概要



「いま地球に、いま人類に、必要な魚を。」をコンセプトに、水産物(魚類や甲殻類など)の品種改良を行うスタートアップである。農産物・畜産物と異なり、水産物には品種改良がほとんどない。そこで、ゲノム編集技術”超高速の品種改良”を用いて、約30年かかる品種改良を2-4年に短縮する。また、オープンイノベーションを掲げ、アカデミア、技術を持つ企業、地元関係者などと連携して、研究開発および事業開発を加速させる。
大学による支援内容
京都大学木下准教授の持つ技術シーズの提供、その社会実装のための学内グラントの交付、TLOによる技術特許の許諾、起業家教育プログラムの提供により事業化を支援した。また、学内のインキュベーション施設および実験室の提供を通じて事業加速を支援。
企業による支援内容
創業前から協業を目指し、他社に先駆けて資本業務提携を締結。次の柱となる新規事業創出のため、社内公募で陸上養殖のチームを立上げ、ゲノム編集魚を効率的に飼養できる循環式陸上養殖システムを構築すべく、流体・熱制御などの技術提供を中心に支援。
受賞理由
水産物の品種改良×スマート養殖の組み合わせにより、日本の水産業の変革を目指す企業である。これまで大手企業が参入してこなかった領域でもあるが、多くの大学及び事業会社を巻き込んだオープンイノベーション型大学発ベンチャーとして市場を果敢に開拓している。今後新たな市場創造を起こし、大きく成長することが期待される。

科学技術振興機構理事長賞


平崎 誠司
企業名
 オリシロジェノミクス株式会社
代表者氏名
平崎 誠司(代表取締役)
支援大学等
立教大学 理学部 教授 末次 正幸
事業内容
無細胞系による長鎖環状DNAの連結・増幅技術を用いた各種製品・サービスの提供
会社概要
ライフサイエンス分野で新たな成長分野として期待される合成生物学の基盤技術として実用化する目的で2018年12月に設立された。ゲノムサイズのDNAを簡便にかつ高効率で合成することを可能にするDNA断片連結と環状DNA増幅の技術を試薬キットならびに受託研究サービスとして提供している。従来手法では増幅できなかったDNA配列の取り扱いや研究の手間と時間を大幅に省くことで幅広い研究開発活動の発展に貢献している。
大学による支援内容
立教大学理学部において末次教授が開発した「精製タンパク質によるゲノム複製サイクルの試験管内完全再構成系」を事業のコア技術としている。本技術はゲノムサイズの長鎖DNAを環状分子として指数増幅可能とする世界でも唯一のDNA増幅法である。
受賞理由
DNA合成・増幅技術を基盤とした企業で、細胞を使わずに長鎖DNAを増幅するという革新的な技術に基づいた製品・サービスを提供しており今後の成長が期待される。また、日本だけではなく海外での事業展開を目指しグローバルでの企業体制を構築している点も高く評価された。

新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞


左:ガジャモーハン モーハナラージャー
右:クリシナムルティ アルドチェルワン
企業名
 Rapyuta Robotics株式会社
代表者氏名
ガジャモーハン モーハナラージャー(ガジャン)(代表取締役兼CEO)
クリシナムルティ アルドチェルワン(アルル)(代表取締役兼CFO)
支援大学等
チューリッヒ工科大学 工学科
支援企業
株式会社モノフル 代表取締役社長 藤岡 洋介
事業内容
クラウドロボティクスプラットフォームの開発およびロボティクスソリューションの提供
会社概要
「Empowering Lives with Connected Machines」をコア・パーパスとし、群制御機能を有するクラウドロボティクスプラットフォームの開発およびプラットフォームを活用したソリューションを提供。既に複数の大手ロジスティクス企業の倉庫で、当社のプラットフォームに接続したロボットが実稼働し、倉庫作業の効率化に貢献。5年後にはグローバルで10%のロボットをプラットフォームに接続させ、ロボット制御プラットフォーマーの地位を築く。
大学による支援内容
チューリッヒ工科大学在学中に、ロボット向けのインターネット開発を目指し、欧州内の有名大学と共同研究(RoboEarth プロジェクト)を行った。大学で研究した成果を活用することで、当社のクラウドロボティクスプラットフォームの構築を成し遂げた。
企業による支援内容
日本GLP株式会社グループである株式会社モノフルは、当社の株主であり、プラスオートメーション株式会社(日本GLP株式会社と三井物産株式会社の共同出資)と当社は、物流倉庫向けAMR ロボットのサブスクリプションサービスを日本で初めて商用化した。
受賞理由
クラウドロボティクスプラットフォームを活用し、物流現場におけるロボティクスの普及を加速させるベンチャー企業である。物流市場における顧客ニーズを的確に把握し最適なソリューション提供をハード及びソフトの両面から確実に行えている点が評価された。

日本ベンチャー学会会長賞


山本 卓司
企業名
 株式会社マトリクソーム
代表者氏名
山本 卓司(代表取締役社長)
支援大学等
大阪大学 蛋白質研究所 寄附研究部門教授 関口 清俊
支援企業
株式会社ニッピ 総務部 部長 平山 耕治
事業内容
細胞外マトリックスタンパク質を用いた細胞培養用基質の研究開発と販売
会社概要
大阪大学蛋白質研究所の関口教授が見いだした、細胞培養基質として有用なラミニンE8断片タンパク質を製品化し、販売を行っている。ラミニン511-E8断片を製品化したiMatrix-511は、多能性幹細胞の培養基質として優れており、臨床グレードのiPS細胞を培養する基質として、世界中で使用されている。細胞種毎に最適な培養基質を提供する、という新たな細胞培養技術を提供するべく、研究開発を行っている。
大学による支援内容
関口教授の行ったMOUSE BASEMENT MEMBRANE BODYMAPの研究成果がラミニン511E8断片を利用したiPS細胞用足場材の開発の手掛かりとなった。現在は、ラミニン断片を用いた各種細胞の培養基質の開発を支援している。
企業による支援内容
当社設立の準備段階では、関口教授の「断片化ラミニン」を製品化するために、官民イノベーションプログラムの事業化推進型共同研究を実施してきた。設立後は、医薬品製造レベルの管理下で、製品の製造と品質管理を行う事で事業の支援を行っている。
受賞理由
大学の寄付研究部門で得られた研究成果を元にマトリクソーム社で応用開発研究を行い実用化、その後製品開発と実製造を支援企業であるニッピ社が行い、完成した商品をマトリクソーム社に販売委託する、というアカデミアと企業の研究ネットワークを活用する特色ある経営が評価された。

大学発ベンチャー表彰特別賞


越村 俊一
企業名
 株式会社RTi-cast
代表者氏名
村嶋 陽一(代表取締役CEO)
越村 俊一(最高技術責任者CTO)
支援大学等
東北大学 越村 俊一、小林 広明、日野 亮太、太田 雄策
支援企業
国際航業株式会社 代表取締役社長 土方 聡
事業内容
地震時に即時的に津波浸水被害予測を行う世界初のシステムによる津波災害情報配信およびシステムの構築・運用
会社概要
スーパーコンピュータの災害時利用による世界初のリアルタイム津波浸水予測をコア技術とし、津波災害情報配信およびシステムの構築・運用を中心事業としている。 東北大学の津波工学、地球物理学、計算機工学の先駆的な研究成果を活用し、国際航業、NEC、エイツーとの産学連携にて実用化した。 このリアルタイム津波浸水被害予測技術の高度化、イノベーションを進め、国内外での社会実装を拡大し、津波災害の減災に貢献する。
大学による支援内容
リアルタイム津波浸水被害推計システムを構成する要素研究の成果を提供している。津波伝播・浸水被害予測シミュレーション技術、建物・人的被害予測式・手法、スーパーコンピュータの災害時緊急利用モードの運用技術、地殻変動観測情報を活用した津波発生予測技術など。
企業による支援内容
リアルタイム津波浸水被害予測の地形モデルや被害推計データの作成、津波浸水被害予測システムの津波数値計算の自動化および高速化、被害予測結果の作成及びシステム構築を支援。株式会社RTi castの運営およびリアルタイム津波システムの事業化の支援。
受賞理由
津波災害の減災に貢献することをミッションとしており、その社会性・公共性の高さ、産学連携・オープンイノベーション型の事業として評価された。社会性・公共性の高いテーマに挑戦する大学発ベンチャーのロールモデルとなることが期待される。

2020年度受賞者一覧は こちら

大学発ベンチャー表彰事務局

国立研究開発法人科学技術振興機構
起業支援室
メール
なお、ご質問等につきましては電話ではなくメールにてお願いします。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
イノベーション推進部

※回答に時間を要する場合があります。ご了承ください。