研究開発成果
※研究者の所属・肩書および参画企業等記載は課題採択または記事掲載時のものであり、現在とは異なる場合があります。
情報通信・デバイス
製品化/起業
オンデマンド交通システム “コンビニクル”
キーワード : 
セミデマンド、フルデマンド混在可能、見直し改善が可能、地域公共交通、リアルタイム完全自動乗合システム
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  実用化挑戦タイプ(中小・ベンチャー開発)
研究開発課題名 オンデマンド交通サービス支援システム(開発期間:平成21年12月〜平成26年3月)
プロジェクトリーダー所属機関 順風路株式会社 研究者 大和 裕幸(東京大学)

交通需要が低い地域における公共交通として期待されてきたデマンド交通であるが、これまでのシステムは人手による所が多く、適切な人材確保と教育が必要で事業を成功させるためのハードルが高かった。戦略的創造研究推進事業(CREST)にて開発されたオンデマンド交通の基盤技術をもとに社会実装することでこの課題を克服することができた。
また、オンデマンド交通は、効率重視から移動促進重視の兆候が見られる。これへの対応として、当初目的の運行効率以外に、自治体・住民の多様な要請により応えられる柔軟性をもった基盤を実現した。
さらにオンデマンド交通システムで生成される人の移動記録を保存し分析することで個人に適合したサービスが生まれ、それを統合して社会の意図を抽出することが可能となりその効果が期待されている。

成果説明画像

期待されるインパクト(効果、意義、市場規模、売り上げ予測)

人口減少社会において地域の活力を維持・強化するためには、まちづくりと連携した地域公共交通網を確保することが喫緊の課題であり、また、自動運転とEV化の流れとMaaSなどのモビリティのサービス化の流れよって、本システムのリアルタイム完全自動乗合への期待値が高まっており、新時代の公共交通において主要な技術として注目されつつある。この技術に活用によって都市の公共交通が激変する可能性も秘めている。

開発者の声

オンデマンド交通は、交通弱者の救済という後ろ向きの施策としてとらえられていたが、高齢者の弱体化の防止のための外出機会の創出・支援というより積極的活用も期待されている。
一方、自動運転の進捗によっては、都市交通の中核に躍り出る可能性もあり、今後の展開に期待している。


このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構