研究開発成果
※研究者の所属・肩書および参画企業等記載は課題採択または記事掲載時のものであり、現在とは異なる場合があります。
情報通信・デバイス
製品化/起業
イメージセンサLSI
キーワード :  CMOSイメージセンサ、グローバル電子シャッタ、カラム並列巡回型AD変換器、計測/監視/FA/マシンビジョン
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  実用化挑戦タイプ(中小・ベンチャー開発)
研究開発課題名 超高感度高速度イメージセンサ(開発期間:平成21年12月〜平成24年3月)
プロジェクトリーダー所属機関 株式会社ブルックマンテクノロジ 研究者 川人 祥二(静岡大学)

従来の高速度撮像は、イメージセンサの感度不足のため、強い光を当てるなど被写体を明るい照明下に置く必要があった。
またセンサの消費電力の大きさゆえ、カメラを小型化できないという課題があった。そこで本事業により、高速度撮像と高感度撮像を両立する従来にないイメージセンサを開発した。低ノイズグローバル電子シャッタと高速A/D 変換回路を搭載した「超高感度高速度イメージセンサ」は、ノイズを5電子以下まで抑え、従来品と比べて5倍以上の感度をもつ。
また、消費電力を既存製品の1/2以下に抑えることができた。本開発で得られたイメージセンサにより、これまでできなかった小型カメラによる普通照明下での超高速撮像が可能となり、人の目では確認できない高速現象の瞬間を、美しい映像で観測・記録できる。

成果説明画像

期待されるインパクト(効果、意義、市場規模、売り上げ予測)

本新技術を用いた超高速度・高感度CMOSセンサの実用化により、従来にない小型高速度カメラを実現できるようになった。
人の眼ではとらえられない超高速現象を、普通照明下で容易に撮像できることを強みに、工業用途として販売から6年で1.6億円の売上を達成している。
引き続き本開発品および展開品にて約2.1億円/ 4年の販売を計画する。

開発者の声

長くCMOSイメージセンサにおける技術課題とされていた「グローバル電子シャッタの低ノイズ化」を実現した本開発品は、市場に大きなインパクトを与えるとともに、顧客からも高い評価が得られている。また、高速度カメラ市場だけでなく、様々な分野への活用が期待できることから、新規市場へのビジネス展開にも挑戦したい。
※本成果は 「第24回 中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「中小企業庁長官賞」を受賞しています。
●日刊工業新聞電子版「第24回 中小企業優秀新技術・新製品賞」ページ

このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構