研究開発成果
※研究者の所属・肩書および参画企業等記載は課題採択または記事掲載時のものであり、現在とは異なる場合があります。
情報通信・デバイス
要素技術構築
車載ネットワークにおける耐タンパを実現するセキュアLSIの開発
キーワード :  車載セキュリティ、サイドチャネル攻撃、Physically Unclonable Function
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  シーズ育成タイプ
研究開発課題名 耐タンパセキュリティハードウエアの車載システムへの応用(開発期間:平成27年12月〜平成30年3月)
プロジェクトリーダー所属機関 パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社 研究者 藤野 毅(立命館大学)

急速に技術開発が進展している自動運転車においてセキュリティは重要な研究課題である。欧州の自動車メーカーが中心に仕様を策定したメッセージ認証コード(MAC)付きセキュア通信をCANのような車載ネットワークに採用しても、この処理を担っているLSIが脆弱だと安心した社会生活が送れない問題へと発展する。
本研究では、耐タンパ性を有する暗号回路と物理的複製防止(PUF)技術による安全な鍵ストレージを提供したハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)を開発した。車載ネットワーク上を流れるデータとLSIの漏洩電磁波を用いたサイドチャネル攻撃に対し、開発したHSMが十分な耐性を有することを実証した。
また、LSIの製造ばらつきからデバイス固有情報を生成するPUF技術を用いることで秘密情報が安全に保管できることを実証した。

成果説明画像

期待されるインパクト(効果、意義、市場規模、売り上げ予測)

車載ネットワークにおけるセキュリティー確保は自動運転が一般化する将来において極めて重要となってくる。本研究により欧州が進める車載通信規格での危険性を示唆するとともに、その対策について提案するこができた。また、次世代の複製防止技術であるPUFが、車載装置に用いられる暗号鍵や、個人情報を安全に保存することにむけて高いポテンシャルを示すことができた。

開発者の声

本研究の成果は、車載分野にとどまらず、全てのIoT機器のセキュリティーを高める可能性を有している。IoT製品は生活のあらゆるシーンで広く利用されるため悪用されると危機的状況を発生させる。我々は人々の安全な暮らしを支えるため本成果を更にブラッシュアップし、より良い応用先を探求していきたい。



このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構