募集

令和2年度 産学共同(本格型)の募集概要

産学共同(育成型/本格型)の令和2年度募集は6月25日(木)正午を以て受付を終了しました。

募集期間

募集期間を延長しました。(当初締切:5月28日(木)正午)
2020年3月31日(火)〜6月25日(木)正午
これに伴い、選考スケジュールにも変更がございます。>>募集・選考スケジュールをご参照ください。
そのほか、募集期間延長に伴う注意事項等については >>こちらをご参照ください。

採択予定件数

30課題程度
※件数は課題提案の状況や予算により変動します。

面接審査会の日程

産学共同(本格型)の面接審査会日程は下記となります。
分野名 開催日付
第1分野(ICT・電子デバイス) 9月17日(木)
予備日:9月12日(土)
第2分野(ものづくり) 9月10日(木)、9月11日(金)
第3分野(機能材料) 9月1日(火)、9月2日(水)
予備日:9月3日(木)
第4分野(アグリ・バイオ) 9月8日(火)、9月9日(水)

※1 具体的な面接日時についてはJSTから指定の上、課題提案者(企業責任者)に直接ご連絡いたします。
(課題提案者のご希望は受け付けられません。)

※2 原則として課題提案書に記載の分野にて選考を行いますが、課題提案の内容により、選択したものとは別の分野で選考を行う場合があります。
対象分野については公募要領(p. 28「4.2 応募要件−4.2.1 対象分野について」)をご参照ください。公募要領PDF

※3 分野、選考状況に関するご質問についてはお答えできかねますのでご了承ください。

募集・選考スケジュールについて

募集締切後のおおよその選考スケジュールは以下の通りです。
  • 書類選考2020年7月上旬〜8月中旬
  • 面接選考2020年9月上旬〜9月下旬
  • 課題選定2020年10月中旬〜下旬
  • 研究開発開始2020年12月1日(予定)

※選考の結果については、採否にかかわらず、企業責任者に書面で通知します。

支援の概要

目的・狙い 大学等の技術シーズの可能性検証、実用性検証を産学共同で行い、実用化に向けて中核技術の構築を目指す。
課題提案者 企業と大学等の研究者
研究開発期間 最長5年度
研究開発費 上限1億円(年額、間接経費含む、税込)
初年度は上限5,000万円
資金の種類 マッチングファンド
JSTからの研究開発費の支出に関して、詳しくは公募要領「6.3.4 マッチングファンド形式の支出について(本格型のみ)」をご覧ください。

お問合せ先

本プログラムそのものに関する問い合わせはJSTの担当部署にて受付けます。e-Radの操作方法に関する問い合わせは、e-Radヘルプデスクにて受付けます。
当ホームページと公募要領および府省共通研究開発管理システム(e-Rad)のポータルサイト(https://www.e-rad.go.jp/)をよく確認の上、お問い合わせください。
なお、審査状況、採否に関する問い合わせには一切回答できません。

※問い合わせe-mailアドレスの[at]は@に置き換えてご利用ください。
本プログラムに関する問い合わせ 及び
応募書類の作成・提出に関する手続き等に関する問い合わせ
科学技術振興機構
A-STEP産学共同募集担当窓口
E-mail:a-step[at]jst.go.jp
※令和2年4月3日より、電話・対面での公募相談受付を一時停止しております。お問い合わせ・ご相談は上記メールアドレス宛、ないしはWebフォームよりお願いいたします。
e-Radの操作方法に関する問い合わせ e-Radヘルプデスク
0570-066-877(ナビダイヤル)
9:00〜18:00
※土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く

このページの先頭へ

独立行政法人 科学技術振興機構