評価結果
 
評価結果

事後評価

2021年10月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
シーズ育成タイプ事後評価一覧〔令和2年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)シーズ育成タイプでは、大学等のシーズの実用性検証フェーズにおいて、中核技術の構築を目指した産学共同研究開発を支援することを目的としています。
 本事後評価は、終了した課題毎に研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにするために「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの実施に関する規則」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
シーズ育成タイプ 9課題[令和2年度終了課題]
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 分野別プログラムオフィサー)
第1分野石井 真 元 ソニーLSIデザイン株式会社 代表取締役社長
第2分野横井 秀俊 東京大学 名誉教授
第3分野浜田 恵美子 元 名古屋工業大学大学院工学研究科 教授
第4分野穴澤 秀治 一般財団法人バイオインダストリー協会 先端技術・開発部 部長
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものです。
4.評価結果
※機関名・役職名は評価実施時のものです。
【第1分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
ドローン用高回転・高効率次世代モーターシステムの開発 法政大学 安田 彰 zenmotor株式会社

pdf
(100KB)

三次元画像認識・計測技術による熊本城の石垣復旧支援技術の開発 熊本大学 上瀧 剛 凸版印刷株式会社

pdf
(138KB)

【第2分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
ミラー・透明・黒・カラーの状態可変技術による省エネ調光窓の開発 千葉大学 小林 範久 パナソニック株式会社

pdf
(99KB)

無電極高効率発熱ランプを用いた次世代超低消費電力型加熱装置の開発 東京農工大学 鮫島 俊之 株式会社オーク製作所

pdf
(114KB)

超短パルスレーザー応用の先進化が可能で顕微光学系に実装可能な波形制御装置の開発 大阪大学 小西 毅 浜松ホトニクス株式会社

pdf
(94KB)

【第3分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
高磁束密度・低電力損失Fe基ナノ結晶合金(NANOMET)粉末材料の製造技術開発と磁心製品への実用化実証 東北大学 牧野 彰宏 株式会社東北マグネットインスティテュート

pdf
(206KB)

正孔遅延効果を利用したSimple OLEDの開発 東京大学 磯部 寛之 コニカミノルタ株式会社

pdf
(171KB)

【第4分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
三次元生体組織(LbL 3D組織)の全自動製造システムの開発 大阪大学 明石 満 NTN株式会社

pdf
(75KB)

鶏卵バイオリアクターを用いた組換えサイトカイン製造実用化研究 産業技術総合研究所 大石 勲 コスモ・バイオ株式会社

pdf
(115KB)


このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構