評価結果
 
評価結果

事後評価

平成30年6月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
シーズ顕在化タイプ事後評価一覧〔平成29年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
 研究成果最適支援プログラム(A-STEP)シーズ顕在化タイプでは、産業界の視点から見出された、大学等の研究成果に潜在しているシーズ候補について、産学共同で企業ニーズにつながるシーズとなる可能性の有無を検証することを目的としています。
 本事後評価は、終了した課題毎に研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにするために「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの課題評価の方法等に関する達」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
シーズ顕在化タイプ 5課題[平成29年度終了課題]
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 分野別プログラムオフィサー)
第2分野横井 秀俊 東京大学 生産技術研究所 機械・生体系部門 教授
第3分野浜田 恵美子 元 名古屋工業大学大学院工学研究科 教授
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものです。
4.評価結果
※機関名・役職名は評価実施時のものです。
【第2分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
ミラー、透明、黒の状態可変技術による省エネ調光窓の開発 千葉大学 小林範久 パナソニック株式会社

pdf
(155KB)

ナノ粒子複合分散技術を用いた自己潤滑性摺動部品の開発 長岡技術科学大学 松原浩 日本メッキ工業株式会社

pdf
(208KB)

次世代浮体式洋上風車開発 大阪大学 秋元博路 株式会社大林組

pdf
(227KB)


【第3分野】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
テーラーメイドペプチドの生産が可能な、タンタル系触媒を鍵とするペプチド合成システムの実用化検証 中部大学 山本尚 日本理化学工業株式会社

pdf
(121KB)

耐熱性γ-アルミナを用いた高性能Ni触媒の開発応用 八戸工業高等専門学校 長谷川章 株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ

pdf
(133KB)


このページの先頭へ
国立研究開発法人 科学技術振興機構