JSTトップ > 戦略的創造研究推進事業 > 山中iPS細胞特別プロジェクト

クイックアクセス
関連組織


TOPICS

2012-10-9  山中伸弥研究総括がノーベル生理学・医学賞を受賞。

山中iPS細胞特別プロジェクト研究総括の山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長が、2012年度のノーベル生理学・医学賞を受賞されることが、8日、ノーベル財団から発表されました。

受賞対象となった業績は「成熟細胞が初期化され、多能性を獲得する現象の発見」です。 山中先生の研究グループは皮膚の線維芽細胞に4つの遺伝子を導入する事により多能性幹細胞(iPS細胞)を作製することに成功し、2006年にマウスのiPS細胞を、2007年にヒトのiPS細胞を報告しました。

iPS細胞技術は分化した体細胞を未分化な状態へ戻す「初期化」を可能とする画期的な発明であり、治療困難な難病の原因や病態の解明、新しい治療法や治療薬の開発、薬剤の毒性検査などに新たな道を開きました。また、最近はiPS細胞を用いて絶滅危惧種の系統保存も試みられるなど、iPS細胞技術は多くの分野での応用が期待されています。

達成目標

より安全でより誘導効率の高いiPS細胞の樹立法の検討を進め、得られたiPS細胞クローンのゲノム解析と多能性を検証する。同時に、大型動物などを用いて安全性を検証し、最終的には臨床応用グレードのヒトiPS細胞クローンを得るプロトコールを完成する。加えて、ヒト疾患iPS細胞を用いて解明されていない疾患の発症・進行機構に対して洞察し、効果的な薬剤探索の礎とする。具体的な目標として以下を挙げる。

  1. レトロウイルスに依らないiPS細胞樹立法の開発
  2. ヒトiPS細胞とES細胞の比較解析
  3. iPS細胞の安全性の検証
  4. ヒト疾患iPS細胞による病態解明と薬剤探索