過去の開催データ

第1回(2008年12月)~第43回(2015年6月)までの開催サマリー

プレゼン企業数 166 社
聴講者数 5,695 人
個別相談数 938 件(プレゼン企業一社あたりの平均相談数:5.7件)
マッチング率  23.3 %
発表者満足度 84 %
(発表者アンケートより。「大変満足」「満足」の合算。)
来場者満足度 75 %
(来場者アンケートより。「大変満足」「満足」の合算。)
※マッチングの定義:共同研究の実施、JST助成事業への応募等

参加者のご意見

<プレゼン企業>
  • このような機会があると、数件新しい案件にめぐり合えるので大変有用。
  • 連携を探索する場として、今回のような場があれば、今後も参加していきたい。
  • 当日の面談ですでに技術を提案されたことには驚いた。参加してよかったと思っている。
    一度に聴講してもらい近い技術を相談できるこのような機会は非常に良いと感じた。ぜひまた別のテーマで発表したい。
<聴講者(大学・TLO・公的研究機関のコーディネータ等の担当者や産学連携窓口、研究者の方など)>
  • 開発の中で、大学とのコラボを求めている分野を紹介していただけたのは、有意義であった。
    是非、このセミナーの主旨を利用させていただこうと思っている。
  • 大学と連携したいテーマがはっきりと打ち出されている企業のプレゼンテーションが聞けてよかった。
  • 従来の学→産の発表に対し、産→学へのニーズは今後のより具体的な産学官連携の場を提示する機会として非常に有意義と感じた。
上記の他にも<企業様向け提案資料>「産から学へのプレゼンテーションへのお誘い」にて参加者のご意見をご紹介しています。