• 事業の概要
  • 支援実績・成果事例
  • パンフレット等の一覧
  • 公募情報
  • お問い合わせ
課題募集中
特許出願支援制度
パンフレット等
データベース検索
事業の概要

2. 大学等の研究成果の企業化の推進(ファンディングプログラム)

 科学技術によるイノベーション創出を図るため、産学連携による研究開発をサポートしています。大学や公的研究機関等(以下、「大学等」という)の研究成果の実用化の可能性を企業の視点から検証するフェーズ、製品コンセプトを検証するシーズ育成のフェーズ、研究成果を基にベンチャー起業を目指すフェーズ、さらには企業主体で企業化開発を行う出口のフェーズ等、研究開発の各段階や目的に応じて支援事業をお選びいただけます。

(注)「大学等」とは、国立大学、公立大学、私立大学、高等専門学校、国立研究所、公立研究所・公設試験場、研究開発を行っている特殊法人、独立行政法人、公益法人を指します。

研究成果展開事業一覧

研究成果最適展開支援プログラム A-STEP

A-STEP
【平成21年度〜】 研究開発計画の進捗に合わせた最適な技術移転支援
●研究開発フェーズがどの段階にあっても応募できます。
・平成21年度まで7つあったJSTの技術移転プログラム(※)をA-STEPひとつに整理し、公募窓口を一本化しました。
・平成22年度に2タイプを新設
(1)研究者が中心となって実施する研究開発を支援する「探索タイプ」(FSステージ)
(2)起業意欲のある若手研究者を支援する「若手起業家タイプ」(本格研究開発ステージ)

「研究成果最適展開支援事業 A-STEP」の概要

先端計測分析技術・機器開発プログラム

先端計測分析技術・機器開発事業
●最先端の研究やものづくり現場でのニーズに応えるため、将来の創造的・独創的な研究開発に資する先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの研究開発を推進します。(※本事業はJST戦略的創造研究推進事業のひとつです)

Sーイノベ(戦略的イノベーション創出推進プログラム)

S-innova
【平成21年度〜】 基礎研究等の成果から新産業創出へ
●科学技術の発展や新産業の創出につながる革新的な新技術の創出を目指したJST戦略的創造研究推進事業(CREST、ERATO、さきがけ、SORST)等の成果から設定した研究開発テーマを対象として、実用化に向けて、長期一貫してシームレスに研究開発を推進することで、産業創出の礎となりうる技術を確立し、イノベーションの創出を図ります。

産学共創基礎基盤研究プログラム

【平成22年度〜】産業界の技術課題の解決に資する基礎研究を推進
○産学の対話のもと、産業界の技術課題の解決に資する基礎研究を大学等が行い、産業界における技術テーマの解決を加速するとともに、産業界の視点や知見を基礎研究での取組にフィードバックし、大学等の基礎研究の活性化を図ります。

センターオブイノベーション(COI)プログラム

センターオブイノベーション(COI)プログラム
●現在潜在している将来社会のニーズから導き出されるあるべき社会の姿、暮らしのあり方(ビジョン)に沿って、ハイリスクではあるが実用化の期待が大きい異分野融合・連携型の基盤的テーマに対し、集中的な支援を行い、産学が連携する研究開発チームを形成します。

pagetop

新規の課題募集を終了した事業

若手研究者ベンチャー創出推進事業

※公募は平成21年度をもって終了しました。平成22年度より研究成果最適展開支援事業(A-STEP)の若手起業家タイプへ再編しました。

若手研究者ベンチャー創出推進事業
【平成21年度】 若手研究者が研究開発した成果を基に自ら企業化
●大学等の起業支援組織(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー等)と連携を図り、ベンチャー企業の創出や事業展開に必要な研究開発を推進することにより、起業意欲のある若手研究者によるベンチャー企業の創出に資する研究開発成果を得るとともに、若手研究者の起業家へのキャリアパス形成を促進することを目的としています。

地域イノベーション創出総合支援事業

地域イノベーション創出総合支援事業
●全国に展開しているJSTイノベーションプラザやJSTイノベーションサテライトを拠点として、自治体、他府省庁、JSTの基礎研究や技術移転事業等との連携を図りつつ、シーズの発掘から企業化 までの研究開発を切れ目なく行うことにより、地域におけるイノベーションの創出を総合的に支援します。

※公募は平成21年度をもって終了しました。なお、平成21年度まで実施してきた地域イノベーション創出総合支援事業は、研究成果最適展開支援事業【A-STEP】に再構築し、平成25年までに段階的に終了いたします。

シーズ発掘試験 研究者とコーディネータの活動を支援
育成研究 企業化に向けた試験研究
研究開発資源活用型 地域の研究開発資源を活用し企業化促進
地域ニーズ即応型 地域企業の技術的課題の解決へ向けた研究開発
地域卓越研究者戦略的結集プログラム 地域への卓越した研究者の結集による研究開発の推進

産学共同シーズイノベーション化事業 (※)

大学等の基礎研究の中から産学共同でイノベーションを創出
●大学等の基礎研究に着目し、産業界の視点からシーズ候補を顕在化させ、大学等と産業界との共同研究によってイノベーションの創出に繋げることを目的とし、「顕在化ステージ」「育成ステージ」の2つのステージがあります。

■ 独創的シーズ展開事業 (※)

独創モデル化 大学等の研究成果を具体的な形へ
大学発ベンチャー創出推進 研究成果を起業によって実用化
委託開発 製品化にもっとも近い技術移転支援制度
革新的ベンチャー活用開発(一般) ベンチャー企業によるイノベーション創出を推進
革新的ベンチャー活用開発(創薬) 創薬研究開発型企業が行う臨床開発の推進を支援

企業研究者活用型基礎研究推進事業

【平成21年度補正予算事業】 企業の研究者が大学等において、専任で研究に取り組むテーマを支援

高度研究人材活用促進事業

【平成21年度補正予算事業】 ポストドクターを雇用する企業を支援(JST企業化開発関連課題が対象)

pagetop