• 事業の概要
  • 支援実績・成果事例
  • パンフレット等の一覧
  • 公募情報
  • お問い合わせ
JSTトップ > 産学連携・技術移転事業
大学−JST意見交換会
大学−JST意見交換会
特許出願支援制度
パンフレット等
データベース検索
研究成果の社会還元に向けて

公募情報

一覧はこちら

お知らせ


イベント

一覧はこちら

記事紹介

 【 5月号 】(5/15発刊)NEW
産学官連携ジャーナル

【特集】新・海洋資源活用術

  • ・産学官金連携で水産業を振興する
  • ・カニ殻由来の新素材キチンナノファイバーの実用化
  • ・大量発生したウニを商品レベルに育てる
  • ・環境活性コンクリート〜アミノ酸が日本の川や海を元気にする〜
  • ・「ガゴメ昆布」と函館マリンバイオクラスターの取り組み

トピックス

これまでの主なトピックス
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター(ROEL)の時任 静士 教授と熊木 大介 准教授らは、JSTの研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)の支援により得られたプリンテッドエレクトロニクスに関する研究開発成果をもとに、微細な印刷半導体回路注を実現する銀ナノ粒子インクの開発・販売や、その応用製品であるフィルム型のセンサデバイスを試作・開発する「株式会社フューチャーインク」を設立しました。
(2016/5/17)

大阪大学 大学院医学系研究科 健康発達医学寄附講座の中神 啓徳 寄附講座教授らは、大学発ベンチャーとして、アンチエイジングペプタイド株式会社(AAP)(代表取締役社長:橋弥 尚孝)を平成28年4月27日に設立しました。。同社の設立は、中神寄附講座教授の技術の事業化を目指したJSTの研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム(START)の研究開発成果を活用するものであり、バイオ・サイト・キャピタル株式会社(代表取締役:谷 正之)を事業プロモーターとして起業準備を進めてきたものです。
(2016/4/28)

JSTが「イノベーションハブ構築支援事業」で支援する物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点は、日本の強みを生かす物質・材料研究におけるデータを利活用した産学官オープンイノベーション活動の根幹となるコンソーシアムを設置し、会員の募集を開始します。
(2016/4/27)

産業技術総合研究所は、東京大学、山形大学、田中貴金属工業株式会社と共同で、紫外光照射でパターニングし、銀ナノ粒子注を高濃度に含む銀ナノインクを表面コーティングするだけで、超高精細な銀配線パターンを製造できる画期的な印刷技術「スーパーナップ(SuPR−NaP:表面光反応性ナノメタル印刷)法」を開発した。フレキシブルなタッチパネルセンサーがこの技術によって実用化される予定であり、今回8インチの試作品を作製した。
本研究開発の一部は、JSTの戦略的イノベーション創出推進プログラム(S−イノベ)および産学共同実用化開発事業(NexTEP)による支援も受けている。
(2016/4/20)

JSTは、研究成果最適展開支援プログラム(A−STEP)のうち、ステージVの平成27年度第1回募集におけるNexTEP−Aタイプ新規課題1件、および、NexTEP−Bタイプ新規課題1件決定しました。
(2016/4/14)

 


pagetop

サイトポリシー  プライバシーポリシー