Innovation Japan 2016
Innovation Japan 2016
Home > 出展者一覧 > 県立広島大学 生命環境学部 環境科学科

県立広島大学 生命環境学部 環境科学科

青栁 充 准教授

小間K-08

刈り取った「雑草(自生草本類)」を循環型水溶性高分子として活用する

Prefectural University of Hiroshima

Associate Professor Mitsuru Aoyagi

Development and utilization of whole lignocellulosic components of wild grasses with direct carboxymethylation

出展ゾーン
JST大学見本市ゾーン
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-08

展示概要

技術概要
無価値物として扱われる「雑草」。道路脇で繁茂し、交通障害、動物誘因、山林火災などを誘発するため、道路を管理する国・地方自治体によって刈り取られています。これらの作業には公費が投入されて(庄原市実績2000万円/年)いますが、刈り取ったものは産廃になり短時間でCO2に戻されています。これらを全量・直接カルボキシメチル化することにより、植物構成高分子をすべて含む水溶性高分子(有価物)を誘導して、工業的に活用することを検討しています。植物組成をすべて含むため環境に放出しても負荷が少ないと考えられます。医薬・工業材料,植物の植え付けの保湿、栄養保持材,砂質の道路の流出防止などの活用を考えています。

 

想定される活用例
・植物の循環性を利用し屋外に散布。保水材料・各種薬剤の徐放助剤など。
・種蒔きや移植時の循環型保水材料・建築・土木の現場の砂の流出防止剤など
・食用可能な植物からのドラッグデリバリーシステムなどへの応用

展示のみどころ
無価値物として扱われる「雑草」、それらから得られたカルボキシメチル化された素材、そしてそれを水に分散させた試料をアクリルケースにいれ展示します。これらの粘度がわかるように簡易の粘度計による粘性評価をブースで行います。PCで説明します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
水溶性高分子材
特許情報1 出願人
県立広島大学
特許情報1 発明者
青栁充,前薗憲人
特許情報1 出願日
2015年8月24日
特許情報1 出願番号
特願2015-164522

お問い合わせ先

地域連携センター

電話:082-251-9534   FAX:082-251-9405  

URL:http://www.pu-hiroshima.ac.jp/soshiki/renkei/

プライバシーポリシー
Copyright © 2016   イノベーション・ジャパン2016運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop