イノベーション・ジャパン 2013 ~大学見本市 & ビジネスマッチング~ イノベーション・ジャパン2013
中央大学 理工学部 経営システム工学科
教授 藤澤 克樹
情報通信
次世代スパコン上での大規模グラフデータ解析システム
I-17 
JP055I 
Chuo University
professor Katsuki Fujisawa
Advanced Analysis System and Computing Infrastructure for Extremely Large-Scale Graphs on Post Peta-Scale Supercomputers
出展分野 情報通信  プレゼンテーション
情報
JP055I
JSTブース
8月29日15時20分~
出展ゾーン 大学見本市 
展示会小間番号 I-17 

研究成果概要

技術の概要

情報科学・数理科学分野のアルゴリズムとビッグデータの利活用を行い、次世代アプリケーション基盤技術をペタスケールスパコン上で構築する研究を行なっています。特にグラフデータ解析はソーシャルネットワーク、災害対策、脳の機能解明等の分野で大きな期待が寄せられています。本システムでは、大規模グラフデータに対する高い並列性を要したグラフ解析システム、GPU 等のアクセラレータを用いた数理最適化ソルバー、ストレージの階層性を考慮した大規模グラフデータストア、超大規模グラフのリアルタイム可視化など従来実現されていなかった新しい技術によって超大規模グラフに対する高速解析システムを構築することを目的としています。

出展目的

本システムは最適化、高速実装、並列計算、多階層メモリ&ストレージシステムなどの最新の技術を備えた研究成果であり、これらの成果を発表すると共に新しい応用&実用分野の開拓と提携先を探すのが出展目的です。

マッチングを想定する業界

交通やソーシャルネットワーク上におけるグラフ解析システム、最適化や多階層メモリなどに興味を持つ業界等

想定される用途

防災計画の策定、ソーシャルネットワークのデータ解析、スマートグリッドによる高度かつ安定な電力供給

関係する助成制度(採択済み)

JST 戦略的創造研究推進事業CREST
研究領域 : ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出
研究課題名:ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

事業化および新規産業形成の可能性

高性能かつ高機能なナビゲーションシステムの開発、渋滞状況に応じた交通管制や大規模災害時における避難シミュレーションや大規模ソーシャルネットワークに対するリアルタイム解析システムなどの新規分野の開拓

従来技術に対する新規性・優位性

1: 世界最高レベルの性能を持った最適化エンジンとグラフ解析システム
2: 拡張性の高いアルゴリズムとデータ構造によって、他のアプリへの転用も可能
3: ストレージの階層性を考慮した大規模グラフストア

実用化に向けた課題

数兆点以上の超巨大ネットワークデータに対するグラフ探索。通信最適化や耐故障性、アクセラレータの活用、計算と通信をバランスさせたストリーム処理要素の同定及び物理ノードへのデータ配置などの課題

展示の見どころ

1:メモリ階層構造を考慮した超高速グラフ探索システム。全対全最短路計算を非常に高速に行い、動的な重要度や影響度の判定、各点の広域内における情報の伝播力を計算 2: ScaleGraph : X10ベースの多数スレッドを用いた大規模グラフ解析のデモ 3: 多数のGPUアクセラレータを用いたペタスケール最適化ソルバー(数理計画問題) 4: 大規模グラフに対する可視化システム

大規模グラフ解析:緊急に取り組むべき課題と実社会へのインパクト
大規模グラフ解析:緊急に取り組むべき課題と実社会へのインパクト
全米グラフに対する重要性(中心性)の計算
全米グラフに対する重要性(中心性)の計算

お問い合わせ先

連絡先:研究支援室
TEL:03-3817-1603
FAX:03-3817-1677
URL:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/randdev/index_j.html