イノベーション・ジャパン2012

JST とNEDO による、
『我が国の産学連携を強力に推進するための、国内最大規模の産学マッチングの場』
独立行政法人
科学技術振興機構
理事長 中村 道治

「大学などで生まれた技術シーズを、我が国の産業再生に結びつける」

 今日の社会を見ると、我が国経済が長期にわたって停滞し、少子高齢化、エネルギー問題、自然災害などの懸案を抱え、国際競争力も低下するなど、一刻も猶予が許されない状況にあります。また、最近財務省が発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、我が国の昨年度の貿易収支は4兆4101億円の赤字で、年度ベースで過去最大の貿易赤字になりました。震災や超円高、エネルギーコストの増大等の影響によるものですが、コモディティ製品から脱却して我が国ならではの製品を生み出すなど、産業構造的な意味でも課題を抱えています。
「イノベーション・ジャパン2012-大学見本市」は、大学の技術シーズと産業界の技術ニーズを結びつける国内最大のマッチングイベントであり、今回で9回目を数えます。
本イベントの場を有効活用し、大学などで生まれた技術シーズを我が国の産業競争力の向上に結び付けるための共同研究や技術移転をダイナミックに展開していただければ幸いです。
なお、本年度はより魅力あるイベントとするため、「ビジネスマッチング」、「第11回産学官連携推進会議」と連携開催をし、「第3回日中大学フェア&フォーラム」と同施設にて同日開催をいたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。
独立行政法人
新エネルギー・
産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

「未来を切り拓くイノベーションを実現」

 東日本大震災、円高、少子高齢化、エネルギーの安定供給など、我が国は今、克服すべき様々な問題に直面しています。このような状況の中、NEDOは、国民生活の安全・安心や日本の産業活力を増進するために、企業や大学および公的研究機関の英知を結集し、様々な技術の開発・実証に取り組んでおります。
 国内最大級のマッチングイベント「イノベーション・ジャパン2012」では、NEDO事業で開発された、大学の技術シーズや企業による技術開発成果を実用化へ導くことを目的とした「ビジネスマッチング」を開催いたします。
また、併設するセミナーにおいては、知的財産・標準化戦略をテーマにした講演やスマートコミュニティ、ロボットをはじめとするNEDOの分野毎の取組や実際に事業化された成功事例などもご紹介いたします。
本イベントが産学の多くの皆様に活用され、イノベーション創出の契機となり、我が国の未来を切り開いていくことを期待しています。

■主催:独立行政法人 科学技術振興機構 独立行政法人 新エネルギー・農業技術総合開発機構
■共催:内閣府、経済産業省、文部科学省 ■特別協賛:野村証券