[本文]

成果一覧

■トピック一覧

2017年2月15日
STARTプログラム発ベンチャーの「CoreTissue BioEngineering株式会社」が、ベンチャーキャピタル等から約1億円の投資を受けました。
2017年2月1日
STARTプログラムの成果をもとに「ひむかAMファーマ株式会社」が設立されました。
(課題名:我が国で発見された生理活性ペプチド“アドレノメデュリン”の医薬品としての研究開発/研究代表者:北村 和雄(宮崎大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:ウォーターベイン・パートナーズ株式会社)
2016年12月9日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社PrediXT」が、第三者割当増資による総額約1億円の資金調達を実施しました。
2016年11月29日
STARTプログラムの成果をもとに「CoreTissue BioEngineering株式会社」が設立されました。
(課題名:前十字靭帯再建手術に用いる動物由来無細胞化腱の事業化/研究代表者:岩﨑 清隆(早稲田大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:ウエルインベストメント株式会社)
2016年11月22日
STARTプログラムの成果をもとに「京ダイアグノスティクス株式会社」が設立されました。
(課題名:がん患者の予後を正確に予測する新規バイオマーカーを用いた病理診断技術/研究代表者:武藤 誠(京都大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:日本戦略投資株式会社)
2016年11月15日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社フューチャーインク」が出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)をはじめとする複数のファンドなどから出資を得ました。
2016年11月9日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社OKファイバーテクノロジー」が、第17回池田泉州銀行ニュービジネス助成金において“地域創生”大賞を受賞しました。
2016年10月13日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社SIRC」が、総額約1億円の資金調達を実施しました。
2016年10月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」 が3.5億円の出資(資本準備金を含む)を得ました。
2016年9月20日
STARTプログラム発ベンチャーの「ボールウェーブ株式会社」が、官民ファンド出資により本格始動しました。
2016年9月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」 が中小企業庁「戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択されました。
2016年8月24日
STARTプログラム発ベンチャーの「沖縄プロテイントモグラフィー株式会社」 が中小企業庁「戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択されました。
2016年7月14日
STARTプログラム発ベンチャーの「インテリジェント・サーフェス株式会社」がひまわりベンチャー育成基金の助成金交付先に選ばれました。
2016年7月12日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が福島県平成28年度ロボット関連産業基盤強化事業に採択されました。
2016年7月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」がNEDO平成28年度「中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業」に採択されました。
2016年6月28日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が福島県平成28年度ロボット関連産業基盤強化事業に採択されました。
2016年6月1日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が「とうほう・ふるさと総活躍応援ファンド」から出資を得ました 。
2016年5月30日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が「ふくしま成長産業育成ファンド」から出資を得ました。
2016年5月2日
STARTプログラムの成果をもとに「インテリジェント・サーフェス株式会社」が設立されました。
(課題名:シリコーンハイドロゲルを起点とした医療機器表面の改質/研究代表者:石原 一彦(東京大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:野村ホールディングス株式会社)
2016年4月27日
STARTプログラムの成果をもとに「アンチエイジングぺプタイド株式会社」が設立されました。
(課題名:アンチエイジング効果のあるショートペプチドを用いた化粧品・育毛剤の開発—ペプチドのプラットフォームテクノロジーの開発—/研究代表者:中神 啓徳(大阪大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:バイオ・サイト・キャピタル株式会社)
2016年4月25日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が「三菱UFJキャピタル5号ファンド」から出資を得ました。
2016年4月25日
STARTプログラムの成果をもとに「カノンキュア株式会社」が設立されました。
(課題名:再生医療技術の基盤研究を応用した内在性幹細胞制御による肝疾患の革新的治療戦略/研究代表者:汐田 剛史(鳥取大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:野村ホールディングス株式会社)
2016年4月21日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社PrediXT」が設立されました。
(課題名:「関係性システム」を活用したレコメンドシステムの事業化/研究代表者:新熊 亮一(京都大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:ウエルインベストメント株式会社)
2016年4月18日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社TOFFEE」が設立されました。
(課題名:スマートセンシングを用いた感性計測装置/研究代表者:中川 匡弘(長岡技術科学大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:野村ホールディングス株式会社)
2016年4月1日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社フューチャーインク」が設立されました。
(課題名:微細印刷集積回路に向けた高精細、高機能な銀ナノ粒子インクの開発、製造・販売/研究代表者:熊木 大介(山形大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:東北イノベーションキャピタル株式会社)
2016年3月14日
STARTプログラムの成果をもとに「PIHPメディカル株式会社」が設立されました。
(課題名:経皮的肝灌流化学療法(PIHP)を行う医療機器システムの開発/研究代表者:具 英成(神戸大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:日本戦略投資株式会社)
2016年3月10日
STARTプログラムの成果をもとに「ひびきの電子株式会社」が設立されました。
(課題名:電界共振型生体センシング、およびセンシングデータ解析システムの開発/研究代表者:佐藤 寧(九州工業大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:DBJキャピタル株式会社)
2016年3月7日
STARTプログラム発ベンチャーの「リバーフィールド株式会社」が、第三者割当増資による総額約6億円の資金調達を実施しました。
2016年2月4日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社PROVIGATE」がNEDO平成27年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」に採択されました。
2015年12月24日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が「一般財団法人ふくしま未来研究会」から出資を得ました。
2015年12月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」 がNEDO「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に採択されました。
2015年11月10日
STARTプログラムの成果をもとに「ボールウェーブ株式会社」が設立されました。
(課題名:ボールSAW センサを用いた小型・高速・高感度な微量水分計ユニットの事業化/研究代表者:山中 一司(東北大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:日本戦略投資株式会社)
2015年10月30日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社ミューラボ」が「東北復興・創生投資事業有限責任組合」から出資を得ました。
2015年8月4日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社PROVIGATE」が公益財団法人新技術開発財団「平成27年度第1次新技術開発助成」に採択されました。
2015年7月31日
STARTプログラム発ベンチャーの「リバーフィールド株式会社」が、最初の製品である内視鏡把持ロボット「EMARO」発売のプレスリリースを、東京工業大学および東京医科歯科大学との合同で行いました。
2015年4月17日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社PROVIGATE」が株式会社東京大学エッジキャピタルから出資を得ました。
2015年4月1日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社ミューラボ」が設立されました。
(課題名:モータ内蔵型ミリサイズ・バックラッシュレス関節アクチュエータの事業化/研究代表者:高橋 隆行(福島大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:東北イノベーションキャピタル株式会社)
2015年3月6日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社PROVIGATE」が設立されました。
(課題名:非侵襲型診断医療に向けた半導体バイオセンシングの実用開発研究 〜採血フリーグルコースセンサによる糖尿病患者の負担軽減を目指して〜/研究代表者:坂田 利弥(東京大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:株式会社東京大学エッジキャピタル)
2015年3月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」 がNEDO「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業」に採択されました。
2015年2月20日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社PROVIGATE(設立準備中)」がNEDO「Technology Commercialization Program」で優秀賞を受賞しました。
2015年2月18日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社SIRC」が設立されました。
(課題名:多機能エネルギーセンサによる革新的省電力ソリューション技術の開発/研究代表者:辻本 浩章(大阪市立大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:日本戦略投資株式会社)
2014年12月22日
STARTプログラムの成果をもとに「ときわバイオ株式会社」が設立されました。
(課題名:ステルス型RNA ベクターを使った再生医療用ヒト細胞創製技術/研究代表者:中西 真人(産業技術総合研究所)/事業プロモーターユニット代表実施機関:ウォーターベイン・パートナーズ株式会社)
2014年12月17日
STARTプログラムの成果をもとに「合同会社テイクプラス」が設立されました。
(課題名:未利用バイオマスからの高性能コンポジット開発プロジェクト/研究代表者:西田 治男(九州工業大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:DBJキャピタル株式会社)
2014年8月22日
STARTプログラム発ベンチャーの「リバーフィールド株式会社」が、事業プロモーターの株式会社ジャフコより約2億円の投資を受けました。
2014年6月25日
STARTプログラムの成果をもとに「沖縄プロテイントモグラフィー株式会社」が設立されました。
(課題名:分子分解電子線トモグラフィーによる巨大分子の3次元可視化/研究代表者:ウルフ・スコグランド(沖縄科学技術大学院大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:バイオ・サイト・キャピタル株式会社)
2014年5月20日
STARTプログラムの成果をもとに「リバーフィールド株式会社」が設立されました。
(課題名:気体の超精密制御技術を基盤とした低侵襲手術支援ロボットシステムの開発/研究代表者:川嶋 健嗣(東京医科歯科大学)、只野 耕太郎(東京工業大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:株式会社ジャフコ)
2014年5月
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」がNEDO「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択されました。
2014年3月6日
STARTプログラム発ベンチャーの「株式会社マテリアル・コンセプト」が株式会社産業革新機構などから出資を得ました。
2013年9月30日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社OKファイバーテクノロジー」が設立されました。
(課題名:複合型光ファイバを適用した産業及び医療用ツール開発プロジェクト/研究代表者:岡 潔(日本原子力研究開発機構)/事業プロモーターユニット代表実施機関:日本戦略投資株式会社)
2013年4月8日
STARTプログラムの成果をもとに「株式会社マテリアル・コンセプト」が設立されました。
(課題名:高性能・低価格太陽電池を実現するためのCuペーストの開発/研究代表者: 小池 淳一(東北大学)/事業プロモーターユニット代表実施機関:東北イノベーションキャピタル株式会社)