JSTトップ大学発新産業創出プログラムプロジェクト一覧 > 平成26年度 第1サイクル採択 プロジェクト一覧

[本文]

プロジェクト一覧

■ 平成26年度 第1サイクル採択 プロジェクト一覧

プロジェクトの名称 機関名
(研究開発機関)
研究代表者 事業プロモーターユニット プロジェクトの概要
がん患者の予後を正確に予測する新規バイオマーカーを用いた病理診断技術 国立大学法人京都大学 京都大学大学院医学研究科 学内非常勤講師 / 国際高等教育院 教授
武藤 誠
つくばテクノロジーシード株式会社 本プロジェクトでは、長年にわたる大腸がん転移メカニズム研究の中で発見した、固形がん患者に対する新規予後予測マーカーの検出方法のキット化、市販・普及を目標とする。さらに、大腸がん以外のがんにおいてもデータ収集を行うことで、将来的には複数の固形がんに対する転移予測体外診断薬としての開発・普及を目指す。
Cdkal1リスクアレル保有2型糖尿病患者に対する治療薬ならびにコンパニオン診断技術の開発 国立大学法人熊本大学 熊本大学大学院生命科学研究部 教授
富澤 一仁
ウォーターベインパートナーズ株式会社 本プロジェクトでは、アジア型2型糖尿病の危険遺伝子であるCdkal1に着目して、研究代表者が解明した生理機能に基づいた標的型の新規糖尿病治療薬を開発する。Cdkal1変異による誤翻訳を防止する候補化合物の合成、効果実証、安全性試験と同時に、コンパニオン診断の臨床試験により有効性を確認し、標的型糖尿病治療薬の事業化を目指す。
宇宙誕生の電波観測技術を応用した革新的気象予報装置の開発 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所 准教授
田島 治
野村ホールディングス株式会社 本プロジェクトでは、宇宙観測用に開発した電波望遠鏡の超高感度化技術を応用し、大気中の水蒸気量を超精密に観測する新型マイクロ波放射計を開発する。本装置を利用し、雲の発生を予測することで、竜巻やゲリラ豪雨等の異常気象の早期予報を実現し、事業化を目指す。
脱分化脂肪細胞(DFAT)の臨床用細胞製造と細胞治療への応用 学校法人日本大学 日本大学医学部 教授
松本 太郎
360ipジャパン株式会社 本プロジェクトでは、脱分化脂肪細胞を用いた細胞医薬品の治験開始に向けた開発を行い、これまで治療困難であった疾患の治療に有用な細胞製剤の供給を目的としたベンチャー企業の設立を目指す。
植物病原カビを抑制する微生物創農薬及びグローバルライセンスビジネスの構築 国立大学法人山形大学 山形大学大学院理工学研究科 教授
原 富次郎
DBJキャピタル株式会社 本プロジェクトでは、山形大学が保有する「微生物農薬製造」に関するシーズ技術を活用し、植物病原性糸状菌に感染した種子の消毒剤を開発する。ライセンスにおいて機動力を持ったベンチャー企業を設立し、グローバル展開する農薬企業へのプロジェクト成果のライセンスを目指す。
前十字靭帯再建手術に用いる動物由来無細胞化腱の事業化 学校法人早稲田大学 早稲田大学理工学術院 教授
岩ア 清隆
ウエルインベストメント株式会社 本プロジェクトでは、早稲田大学で開発された「組織無細胞化技術」と「強度保持可能な組織滅菌技術」により、ブタ由来無細胞化腱を開発する。さらに、製品化に必要な臨床試験を実施するため、長期動物実験による安全性と有効性の評価と製造管理及び品質管理について必要な基準を満たした製造方法を確立し、膝前十字靭帯再建手術に用いる新医療機器の事業化を目指す。
プロジェクト一覧