[本文]

事業プロモーター一覧

■ DBJキャピタル株式会社

photo
代表事業プロモーター
山口 泰久(DBJキャピタル株式会社(DBJC)取締役マネージング・ディレクター)
代表事業プロモーター略歴
1986年 九州大学経済学部卒業,同年日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行
1995年 ケンブリッジ大学大学院土地経済学部卒業(M.Phil.)
2006年 知財開発投資(株)取締役,知財開発ファンド設立
2007年 PRISM BioLab(株)(現(株)PRISM Pharma)社外取締役(現任)
2010年 DBJキャピタル(株)取締役(現任)
事業プロモーター
大津留 榮佐久(DBJCシニアアドバイザー)、三ツ口 尚志(DBJCシニアインベストメントマネージャー)、
石元 良武(DBJCシニアインベストメントマネージャー)
【代表事業プロモーターのメッセージ】
 DBJキャピタルは、2006年から我が国初の本格的な知財ファンドを運用し、知財の事業化を推進しており、このファンドの投資先であるPRISM Pharma社は、バイオベンチャーとしては過去最大のライセンスアウト(250億円超)を達成する等、その成果が出つつあります。最近では、大学が所有する複数の特許をパッケージ化し、資金を投じて企業ニーズに対応する試作品を開発することにより、特許群の活用(ライセンシングや売却)を推進するような事業も手がける等、ユニークな事業展開を行っています。
 私たちが推進する知財事業化モデルの特徴は、シード・アーリーステージにおいて、大学や研究所が保有する特許をダイレクトに事業化していく、オーソドックスなシーズ・プッシュ型のインキュベーション・モデルに加え、市場のニーズを捉え、知財や技術のインテグレーションを推進するディマンド・プル型モデルの展開に大きな特徴があります。
 本事業を推進するにあたり、パートナーとなる大学には、私たちが培ってきた事業化ノウハウの内、市場ニーズを把握するためのツールや、プロジェクトマネジメントのためのツール等(共用ツール)を無償で提供する予定です。ビジネスベースで世界に通じる知財の事業化を、本気で考えている研究者や大学関係者の皆様のエントリーを希望致します。

【事業プロモーターユニットとしての基本方針・目標、事業育成戦略及びその活動計画】
 本事業の推進において私たちは、1)プロジェクト選択に必要な技術調査・市場調査の実施体制を構築しスクリーニングを行い、2)共有ツールを大学に提供しながら、プロジェクトの管理・指導・運営体制を確立し、3)プロジェクトで実際に活動する事業化支援チームの推薦や派遣を行い、今後5年間で9件程度のプロジェクトを推進する予定です。また、ポスドク等大学からの人材供給・育成を目的とした人材育成プラットフォームの運用も行い、若手人材へ事業化ノウハウの移転を行う予定です。
 ディマンド・プル型モデルを先行して実施することにより、短期的には、大学等のプロジェクト実施機関に事業推進ノウハウの移転・周知を図り、長期的には、シーズ・プッシュ型インキュベーション・モデルの事業確立まで波及させ、全体として大学発ベンチャーの成功確率を向上させることを目指します。

【事業プロモーターユニットと事業育成モデルの強み】
 私たちは、これまで培ってきた3つの事業育成モデル、1)インキュベーション・モデル(シーズ・プッシュ型):大学・研究所の知財をベースとしたベンチャー企業の組成、2)技術インテグレーション・モデル(ディマンド・プル型):市場ニーズの強い分野を特定し、対応できる技術を有する大学から技術を導入する、技術インテグレーション型ベンチャーの創出、3)知財プール・モデル:知財管理法人を設立しライセンシングや売却を狙う、の中から、大学保有の知財やプロジェクトの性質に合わせて最適モデルを選び、事業育成を図ります。
 私たちは、共用ツールを使ってプロジェクトマネジメントと技術調査や市場調査などを統合的に運用しながら、大学と協力して人材育成プラットフォームを運用する予定です。このような協働によるノウハウ移転に加え、POC(Proof of Concept)実現に必要なプロトタイプ開発を可能とする体制を有している点、国際的なネットワークの活用が出来る点、知財ライセンスのノウハウを提供出来る点等が特長です。

【主な実績】
  • (株)グリーンペプタイド(2015年10月マザーズ上場)、CYBERDYNE(株)(2014年3月マザーズ上場)、シンバイオ製薬(株)(2011年10月JASDAQ上場)等をはじめ、シード・アーリーステージからレイターステージのベンチャー企業まで幅広く投資を実施。
  • 科学技術振興機構(JST)と業務協力協定を締結し、大学等の技術シーズの事業化に向けて連携強化。
  • 大学発の新規半導体設計ツール技術の事業化((株)LPTEXの設立、出資及びインキュベーション)を推進。
対象分野
環境・エネルギー、AI・IoT分野を中心(アグリ、ライフサイエンス等も対応可能)
対象地域
九州地域を中心としながら、全国的に対応可能
会社概要
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2−2−1 新大手町ビル7F
電話番号:03-3548-0951
e-mail: mail
ウェブサイト(会社):http://www.dbj-cap.jp
事業プロモーター