JSTトップ大学発新産業創出プログラム事業プロモーター一覧 > バイオ・サイト・キャピタル株式会社

[本文]

事業プロモーター一覧

代表事業プロモーター
谷 正之
(代表取締役社長・マネージングパートナー)
1982年
野村證券㈱入社
1999年
ナスダック・ジャパン㈱入社
2002年
バイオ・サイト・キャピタル㈱を設立
2006年
彩都バイオヒルズクラブ運営開始
2007年
ケンブリッジ大学(英国)MOTI Program 修了
(注)Management of Technology and Innovation
事業プロモーター
福田 伸生(専務取締役)
対象地域
全国(関西を中心)
対象分野詳細
医薬品、医療機器、再生医療製品、試薬、支援ツール等
微生物を活用した環境・エネルギー技術
ヘルスケアIT
医薬、再生医療製品向け新規材料
肥料、農業資材、微生物、栽培・保存技術等
会社概要
〈所在地〉
〒567-0085
大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-15
TEL
072-640-1060
E-MAIL
mail
WEB SITE
http://www.bs-capital.co.jp

革新的でグローバルに通用する
“強い”大学発バイオベンチャーの創出を目指します

基本方針
弊社は2002年の創業以来、バイオベンチャーの育成にはウェット実験可能な研究拠点が必要との考えから、投資育成事業だけに限らず、大学連携型起業家育成施設など4棟のレンタルラボを提供し、インキュベーション支援や産学連携支援を行ってきました。その中で、多くの成功と失敗を経験しましたが、確かなことは、日本のアカデミアには将来有望な技術シーズがたくさん眠っているということです。これらを社会還元するため、起業前に市場調査や知財のブラシュアップ等の準備活動を行い、成功確率の高い革新的でグローバルに通用する“強い”バイオベンチャーを創出すること目指します。
事業育成戦略
数多くのバイオベンチャーの起業に立ち会ってきた経験から、拙速に起業に走るのではなく、起業前に知財調査や市場調査を十分に行い、研究開発の絞り込みを通して“知財を磨く”ことが重要であると考えます。強いプラットフォームテクノロジーを持つことにより、事業リスクの低減と成長魅力を兼ね備えたグローバルに通用するベンチャーを創出して、大学の技術を社会に還元することが目的です。当ユニットと連携している知財、ライセンス、市場調査、開発計画立案等の外部専門機関も活用し、技術を事業化するために必要な研究計画を立案などしてプロジェクトを走らせます。
我々の強み
  • 先端医療領域での起業経験や製薬会社での実務経験のある研究者たちが科学顧問チームを組成し、若手研究者を導きます。
  • 先端医療に精通した知財専門家や市場調査・開発計画立案のスペシャリストたちが知財戦略や研究計画の立案を支援します。
  • 起業後の研究施設の提供、弊社の幅広いネットワークを通じた資金調達・グローバル展開サポート等のハンズオン支援をします。
主な実績

シード・アーリーステージ段階から投資した先の上場実績:

  • ㈱総合医科学研究所(2003年12月東証マザーズ上場)
  • カルナバイオサイエンス㈱(2008年3月JASDAQ上場)
  • ㈱スリー・ディー・マトリックス(2011年10月JASDAQ上場)

大学内の研究成果を実用化すべく、フィージビリティスタディから起業までハンズオンで手掛けた実績:

  • ㈱BNA(人工核酸)
  • バイオビジックジャパン㈱(医療用画像システム)
  • ㈱KUREi(過冷却促進物質)

STARTプログラムを通じて手掛けた実績:

  • 沖縄プロテイントモグラフィー㈱(2014年6月設立)
  • アンチエイジングペプタイド㈱(2016年4月設立)
事業プロモーター