本文

本イベントは終了いたしました。
多くの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

新たなビジネスのために選抜された、大学等の若手研究者による試作ロボットのデモンストレーションを行います。

実用化を目指し、大学等の技術シーズをもとに今回新たに製作された試作ロボットの展示に加え、

若手研究者チームによる、研究開発内容や事業展開ビジョンのプレゼンテーションも行われます。

この機会に是非、若手研究者との意見交換を通じ、今後の成長が期待される技術シーズに接してください。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

2016年3月18日(金)

ベルサール汐留 B1 HALL 参加費無料

事業趣旨 — START技術シーズ選抜育成プロジェクト〔ロボティクス分野〕について

本事業は、若手研究者の技術やアイデアをもとに試作ロボットを製作し、事業展開ビジョンとともに発表することを通じて、新しいビジネスにつなげることを目標としています。

また、ロボティクスに関する研究開発やベンチャービジネスにおいて国内外で活躍する人材が、研究開発課題を選抜するとともに、メンターとして研究開発チームへの指導・助言を行いました。これらのメンタリングを受けつつ、若手研究者チームが抱くアイデアを具現化する試作ロボットが製作されました。

http://www.jst.go.jp/start/robotics/jigyo/

来年度公募開始
H28年度「START 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕」の公募を、3月14日(月)に開始いたしました。
公募要領はこちら

出展する研究開発課題

人と球体自律走行ロボット群の協調パフォーマンスシステムの開発

神戸大・土田課題 image

神戸大学 土田 修平

光る球体ロボット群が、人と協調してパフォーマンスを行います。
動き、光、錯視効果により、観客を魅了する新世代のエンターテイメントを提供します。

担当メンター:林 千晶 氏(株式会社ロフトワーク・代表取締役)

睡眠時のいびき・低呼吸状態を改善するための頸部昇降アクチュエータを搭載した枕型デバイス

奈良先大・西村課題 image

奈良先端科学技術大学院大学 西村 祥吾

現在の睡眠に満足していますか?
睡眠の状態を気にされている方や、いびきによる安眠妨害でお困りの方に、睡眠状態をセンシングして、快適な睡眠姿勢に導く枕型デバイスPillojoyをご提案します。

担当メンター:安宅 和人 氏(ヤフー株式会社・Chief Strategy Officer)

テレプレゼンス育児支援ロボット

電通大・阿部課題 image

電気通信大学 阿部 香澄

遠くにいても乳幼児とふれあえる新しいコミュニケーションツールです。
離れて暮らす祖父母や単身赴任中の親が、タブレットでロボットを安全に操作して、子どもとおしゃべりしたり、その場にあるおもちゃで遊んだり、まるで一緒にリビングにいるかのように過ごせることを目指します。

担当メンター:新妻 実保子 氏(中央大学理工学部精密機械工学科ヒューマン・システム研究室・准教授)

社会インフラ構造物を対象とした自走式小型点検ロボットの開発

東工大・阿久津課題 image

東京工業大学 阿久津 絢子

トンネルや橋梁等、老朽化による事故が増加しています。
壁面に張り付いて移動し、目視が困難な狭隘部や、人間が接近できない場所での点検を行う自走式小型点検ロボットを開発しています。

担当メンター:谷口 恒 氏(株式会社ZMP・代表取締役社長)

新産業用ロボットのための全方向移動プラットフォーム

工芸大・山田課題 image

東京工芸大学 山田 翔太

ホームロボットや福祉・介護ロボット、エンターテインメントロボット等は今後一層の普及が期待されます。
それらの新産業ロボットの開発につながる、メンテナンスが簡単で使いやすい全方向移動プラットフォームを提供することを目指します。

担当メンター:油田 信一 氏(芝浦工業大学SIT総合研究所・特任教授)

視覚情報に基づく配管内検査ロボットの自律制御とマップ作成

立命館大・加古川課題 image

立命館大学 加古川 篤

狭く、曲がった配管内でも、自在に撮影ができるヘビ型ロボットを開発しています。
手動操作と自律走行の切り替えが可能で、人間に代わって点検作業を行うことにより、劣化箇所特定の効率化を目指します。

担当メンター:油田 信一 氏(芝浦工業大学SIT総合研究所・特任教授)

一体構造空電ハイブリッドアクチュエータのしなやかさを体感可能な触知メディアの研究開発

大阪大・仲田課題 image

大阪大学 仲田 佳弘

しなやかさを備えつつ、重いものの持ち上げと精密な動作の両方が可能な、"柔よく剛を制す"革新的な一体構造空電ハイブリッドアクチュエータを開発しました。
視覚や言葉では伝わりにくい動きのしなやかさを、ぜひ体感してください。

担当メンター:新妻 実保子 氏(中央大学理工学部精密機械工学科ヒューマン・システム研究室・准教授)

水撃ポンプによる高効率小型水力発電機の開発

理科大・増渕課題 image

東京理科大学 増渕 勝也

電力全面自由化を前に、再生可能エネルギーである小型水力発電の更なる効率化のため、水撃ポンプの活用に着目しました。
本技術開発により高効率化を実現し、小規模河川を活用したエネルギー事業による地方産業の創出・発展を目指します。

担当メンター:小平 紀生 氏(三菱電機株式会社三菱電機FAシステム事業本部機器事業部・主席技監)

動作軌道の直接教示が容易で柔表面構造を有する安全なロボットアームの開発

早稲田・シュミッツ課題 image

早稲田大学 シュミッツ アレクサンダー

製造現場へロボットを導入する上での障害は、安全性以外に、頻繁に行う動作軌道再設定の手間にあります。そこで、革新的な構造と触覚センサを用いて、動作軌道を簡単に直接教示でき、安全なヒト協働ロボットアームを開発しました。
最先端技術による日本の町工場活性化を目指します。

担当メンター:松井 龍哉 氏(フラワー・ロボティクス株式会社・代表取締役社長)

イチゴの高品質出荷を実現する非接触外観および品質検査ロボットの開発

宇都宮大・高橋課題 image

宇都宮大学 高橋 庸平

イチゴは非常にデリケートな果物で、収穫の際にヒトの手が触れた部分でさえ目に見えない損傷となり、痛みやすくなって商品価値が下がります。
本ロボットはイチゴに直接触れることなく外観と品質の検査を行い、高級完熟イチゴ流通体制の確立を目指します。

担当メンター:北野 宏明 氏(特定非営利活動法人 システム・バイオロジー研究機構・会長)
       小平 紀生 氏(三菱電機株式会社三菱電機FAシステム事業本部機器事業部・主席技監)
       林 千晶 氏(株式会社ロフトワーク・代表取締役)

車椅子のタイヤ洗浄機

東工大・清川課題 image

東京工業大学 清川 春矢

高齢化社会を迎え、車椅子を利用する家庭が増加しています。
帰宅時にタイヤの汚れを部屋に持ち込ませない自動洗浄ロボットです。
玄関に置けるコンパクトな設計で、ユーザの快適な生活支援を目指していきます。

担当メンター:高西 淳夫 氏(早稲田大学創造理工学部総合機械工学科・教授)

自律共存型安全対応ドローンロボットプラットフォームの研究開発

東京大学・趙課題 image

東京大学 趙 漠居

ドローンの活用が期待される一方、事故報道も増えつつあります。
そこで、安全対応型ドローンプラットフォームの確立を目指し、衝突検知・回避、緊急時安全着陸機能等の技術開発を行います。

担当メンター:谷口 恒 氏(株式会社ZMP・代表取締役社長)

視覚情報と関節角情報の統合によるキャリブレーションフリーなロボット運動制御の実用化

立命館・山手課題 image

立命館大学 山手 創一郎

ロボットのキャリブレーション・ティーチングを不要にする、”感覚統合制御”技術を独自に開発しました。
その利点を活かし、webインタフェースからのタスクマネジメントで、シンプルにファクトリーオートメーションを立ち上げる『産業用ロボットの遠隔監視サービス』を実現します。

担当メンター:小平 紀生 氏(三菱電機株式会社三菱電機FAシステム事業本部機器事業部・主席技監)

送電線における電力線活線点検ロボットの開発

香川高専・藤田課題 image

香川高等専門学校 藤田 健斗

現有する送電線点検ロボットは、重量があるために作業者に大きな負担を強いています。
開発するマルチコプター型点検ロボットは、ホバリングすることにより点検ロボットの重量をゼロにすることができます。絶縁棒につないで制御することで、利点を活かしつつリスクを低減するドローン活用法の提案です。

担当メンター:北野 宏明 氏(特定非営利活動法人 システム・バイオロジー研究機構・会長)

衝撃吸収機構を内蔵した人間サイズのヒューマノイドロボットの開発

no images
※ 画像は掲載しておりませんが、展示会当日は全ての課題についてデモンストレーションを行う予定です。

千葉工業大学 牧角 知祥

ヒューマノイドをはじめとするロボットでは転倒などの衝撃により減速機が壊れてしまうことが課題となっています。
減速機に衝撃吸収機構を付加する本技術開発により、衝撃力に対する耐性を高め、様々なロボットのメンテナンスフリー化につなげることを目指します。

担当メンター:北野 宏明 氏(特定非営利活動法人 システム・バイオロジー研究機構・会長)

超軽量,装着容易・装着感/威圧感の少ない,低価格パワーアシストスーツの実用化

no images
※ 画像は掲載しておりませんが、展示会当日は全ての課題についてデモンストレーションを行う予定です。

法政大学 小林 稔彦

装着が簡単で威圧感の少ない、安価で製造可能なパワーアシストスーツを開発しています。
この実用化を通し、介護者や重量物搬送作業等の従事者の方々の負担軽減を目指します。

担当メンター:中島 秀之 氏(公立はこだて未来大学・理事長/学長)

口腔ケア補助ロボットの開発

no images
※ 画像は掲載しておりませんが、展示会当日は全ての課題についてデモンストレーションを行う予定です。

早稲田大学 栄田 源

要介護者や入院患者等の口腔ケアが十分でないと他の病気を誘発する可能性が高まります。
そこで、くわえるだけで歯磨きができるロボットを開発し、対象者の口腔ケアと介護者の負担軽減の両立を目指します。

担当メンター:安宅 和人 氏(ヤフー株式会社・Chief Strategy Officer)

目の開度を入力とした UI(ユーザインタフェース)開発

no images
※ 画像は掲載しておりませんが、展示会当日は全ての課題についてデモンストレーションを行う予定です。

早稲田大学 島 聡志

まぶたの開度を使い、地図アプリの画面などの拡大・縮小を行えるソフトウェアを開発しました。
目の大きさなどの個人差に自動的に対応する新たなアルゴリズムで、PC等の簡単かつ直感的な作業を提案します。

担当メンター:松井 龍哉 氏(フラワー・ロボティクス株式会社・代表取締役社長)

※ 知的財産の保護等の観点より、画像掲載をしていない研究開発課題がありますが、展示会当日は全ての課題についてデモンストレーションを行う予定です。

講 演

写真:谷口 恒 氏

谷口 恒 氏
株式会社ZMP 代表取締役社長
テーマ
ポストIT、ロボティクス(RT)で起業しよう!
15:20~15:40(予定)

プログラム概要(予定)

  • ● ブースでのデモンストレーションは、終日行います。午前中は比較的ゆっくりとご覧いただける見込みですので、ぜひお早めにお越し下さい。
  • ● また、ステージ上でのデモンストレーションや、ドローン飛行デモンストレーションも実施予定です。
9:30 開場
10:00-10:05 開会挨拶
10:05-10:15

宮下敬宏プログラムオフィサーよりご挨拶

写真:宮下敬宏

宮下敬宏
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
知能ロボティクス研究所 (IRC)
ネットワークロボット研究室室長

10:15-10:35 JST事業説明・公募案内(START・SUCCESS)
10:40-12:00 ステージ・ドローン飛行場所でのデモンストレーション
13:00-13:10 JST事業説明・公募案内(START・SUCCESS)
13:10-15:20 研究開発チームによるプレゼンテーションpart1
(ピッチスタイルで行います)
15:20-15:40 講演「ポストIT、ロボティクス(RT) で起業しよう!」
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒 氏
15:40-16:30 研究開発チームによるプレゼンテーションpart2
(ピッチスタイルで行います)
16:35-17:30 ステージ・ドローン飛行場所でのデモンストレーション
17:30 閉会

※若手研究者の方等を対象に、来年度公募についての説明・相談も行います。
 なお、本公募の予告は、国会における平成28年度政府予算の成立を前提として行っています。

参加申し込み

事前申込は締め切らせていただきました。
事前参加登録をされていない方は、当日直接受付までお越しください。

会場・アクセス

会場までのアクセスマップ

会場
ベルサール汐留  B1 HALL
http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_shiodome/
〒104-0061
東京都中央区銀座8-21-1
住友不動産汐留浜離宮ビル
交通
「東銀座駅」徒歩9分(日比谷線・浅草線)
「汐留駅」徒歩5分(大江戸線.ゆりかもめ)
「新橋駅」徒歩8分(ゆりかもめ・JR線・銀座線・浅草線)
JR新橋駅銀座口からの地上ルートはこちら
JR新橋駅汐留口・地下鉄各線からの地下ルートはこちら
新橋駅・汐留駅からのペデストリアンデッキルートはこちら

ダウンロード

お問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
産学連携展開部 START事業グループ
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町

TEL:03-5214-7054
E-mail:お問い合わせメールアドレス