来場者の声 Visitor’s Voice

「サイエンスアゴラ2017」に来場されたみなさまからの感想をご紹介しています。

  • 全体的にすばらしく1日ではまわりきれません。来年もまた来たいです。

  • 去年の会場より見やすくて良かった。来年もぜひこちらでやってほしい。

  • ブースの配置やデザインがよく、くまなく見ることができ、ブースの人達とも話しやすかった。

  • 入口にプログラム全体を一覧できる掲示がほしかった。24日に出展していない団体が多くて残念でした。

  • 社会と科学は切っても切り離せないことを再認識した。

  • 普段なじみのない領域の内容に触れることができたので、科学に対する考え方の幅を広げることができた。

  • 自分がやってみたいと思う研究テーマを探せた。

  • AIの社会への影響について異分野融合の必要性をより強く認識した。

  • 燃料、水、光などエコロジーと生活の向上に役立つ内容が多く勉強になりました。

  • 体験して楽しかった分野にチャレンジしたり、調べてみようと思った。

  • 他分野の研究を知ることができた。融合的な研究へと発展できたら良いと考える。

  • 学校の先生や科学館の方と、どのような仕事を一緒にできそうか、ということについて考えが深まった。

  • 科学というと技術をイメージするが、それをどう社会に活かすかという科学的アプローチもあるとわかった。

  • 科学と他分野のコラボをした企画もあり、おもしろかった。

  • 興味の幅が広がった。説明が丁寧、準備がしっかりしている印象を受けました。

  • 研究を行っている人から生で話を聞くことができよかったです。苦労話なども伺うことができました。

  • 自身は研究者ですが、科学の楽しさや生活にどの様に役立つか、将来どこに向かうかを分り易く説明するような、この様な企画は将来の科学の育成や社会への説明として非常に大切だと思います。今後もぜひ続けてほしいです。叉東京だけでなく各地で企画して頂けると良いと思います。

  • タッチラリーなど近代的でした。ITから芸術まで、多様な分野があって良かったです。

  • イノベーションについてのトークセッションでは、イノベーティブな生き方をする人々の考え方、意識をまいて新たな目標というか、生き方の指針のようなものを得ることができた。先生方や高校生の先輩方の考えをうのみにするのではなく、自分のものができるまで考え、自分なりのイノベーションで世に貢献したいと思った。

  • 中高生が出展していたことにおどろきました。それも、面白い内容や考えさせられる展示が多く、とても良かったです。

  • もっと様々な分野に目を向けようと思った。

過去の開催レポート

2006年から開催されている「サイエンスアゴラ」の報告にて、来場されたみなさまの声を紹介しています。ぜひご覧ください。

印刷する

次の情報もCheck!