ガソリン燃焼チーム SIP「革新的燃焼技術」公開シンポジウム 研究拠点:小野測器横浜テクニカルセンター内 慶應義塾大学SIPエンジンラボラトリー 可視化エンジンによるレーザーPIV計測

研究概要

研究責任者
飯田 訓正(慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特任教授(研究))
研究概要
スーパーリーンバーン技術の実現に向けた研究開発を行う。具体的には、①超希薄・高流動条件下で着火可能な点火システム、②タンブル流最適化による火炎伝播促進、③壁面熱伝達機構の解明に基づく冷却損失低減、④化学反応論的アプローチによるノッキング制御コンセプト創出の研究開発に取り組む。

ポスター発表資料

研究機関名 研究担当者 研究テーマ H27資料 H28資料 H29資料
慶應義塾大学 飯田 訓正 高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発
東京大学 津江 光洋 火花点火過程に関する詳細機構解明および数値解析手法構築
日本大学 秋濱 一弘 火花点火特性に及ぼす流動特性の影響把握
岡山大学 河原 伸幸 高乱流・超希薄燃焼時での火花点火メカニズムの解明と火花放電挙動のモデル化
東京工業大学 店橋 護 超並列直接数値計算と複合レーザ計測による高EGR過給リーン条件下の着火・火炎伝播と壁面熱伝達機構の解明とモデル構築
山口大学 三上 真人 高温・高圧条件での希薄予混合気の層流燃焼速度およびエンジンプラグ近傍流動の計測
九州大学 村瀬 英一 超希薄高EGR下での火炎伝播促進手法の提案と検証 H28まで
九州大学 北川 敏明 超希薄高EGR下での乱流燃焼促進手法の提案 -
大阪府立大学 瀬川 大資 超希薄・高EGR燃焼における層流燃焼速度の計測と燃焼反応機構の検証
徳島大学 名田 譲 高EGR過給リーンバーン条件における乱流燃焼速度のモデル化と壁面近傍における火炎伝播機構の解明
千葉大学 森吉 泰生 過給スーパーリーンバーンにおける燃焼変動、ノック発生、熱損失の現象解明と高効率ガソリン燃焼技術の創出
東京工業大学 小酒 英範 エンジン内壁面熱伝達機構の解明およびノックと熱伝達の相互作用機構の解明
東京農工大学 岩本 薫 冷却損失低減のためのエンジン内壁面熱伝達機構の解明と壁面微細構造の最適化による熱伝達率低減
東京都市大学 三原 雄司 壁面熱流束を定量計測するセンサの開発
東京大学 鈴木 雄二 エンジンシリンダ用ワイヤレスMEMS熱流束センサの開発
明治大学 中別府 修 MEMSを用いた高空間分解能熱流束センサの開発
同志社大学 松村 恵理子 混合気形成の時空間的変化および温度成層化による冷却損失低減研究 H27まで -
日本大学 田辺 光昭 実機および急速圧縮機を用いたノック発生メカニズム解明とノック抑制コンセプト創出
東北大学 丸田 薫 温度分布制御マイクロフローリアクタによる実用・サロゲート・単成分燃料の着火・燃焼特性把握と反応機構最適化に関する研究
茨城大学 金野 満 急速圧縮装置による実ノック条件を想定したガソリンの着火特性把握と簡略化反応モデルの開発
上智大学 高橋 和夫 加熱型高圧衝撃波管による実燃料の着火遅れ計測と実機関における自着火指標の構築
北海道大学 寺島 洋史 高効率反応性流体計算によるノック末端ガス圧力波発生メカニズムの解明とノック抑制法の創出
東京大学 三好 明 ガソリンサロゲート詳細反応機構構築と反応論的ノッキング解明
大阪工業大学 桑原 一成 ガソリンサロゲート燃料のノッキング発生機構解明とノッキング抑制手法提案に関する化学反応論的解析
福井大学 酒井 康行 素反応群の構築およびその簡略化
上智大学 申 鉄龍 リーンバーンSIエンジン制御のためのモデリングとオンボード最適化手法 - -
産業技術総合研究所 高橋 栄一 誘電体バリア放電を用いた予混合気の燃焼促進法の開発 - -
大阪府立大学 須賀 一彦 RANS-LESハイブリッドモデルの壁関数に関する研究 - -
九州大学 安倍 賢一 スケール相似則モデルの特徴を反映した非等方SGSモデルと非線形RANSを用いたハイブリッド乱流モデルの高精度化に関する研究 - -
名古屋工業大学 服部 博文 マルチタイムスケール熱伝達モデルに関する研究 - -
慶應義塾大学 深潟 康二 エンジン筒内流動予測用DESとハイブリッドRANS/LESに関する研究 - -