国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)

平成26年度採択予定 日本−ニュージーランド共同研究課題の募集のお知らせ

注:日本側とNZ側の申請方法は異なりますのでご注意ください。

(最終更新日:平成26年10月7日)

独立行政法人 科学技術振興機構(以下、「JST」という)では、研究者の国際的な共同研究を推進する「国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)」を実施しております。本事業では、平成23年度に引き続き、平成26年度もニュージーランドと「機能性食品」に関する共同研究課題の採択を行うこととし、課題を募集いたします。

■ 概要

本共同研究は、政府間合意に基づき、日本−ニュージーランド両国間において、募集分野における共同研究を実施することにより、我が国の科学技術の将来の発展に資することを目的としています。

平成21年度にニュージーランドと実施分野として「バイオサイエンスとバイオテクノロジー」につき協力を実施するとの文部科学省の通知を受け、平成21年度から「機能性食品」に関する共同研究課題の公募を実施しています。今回は3回目の公募となります。

JSTは、ニュージーランドの研究費配分機関であるニュージーランドビジネスイノベーション雇用省(Ministry of Business, Innovation and Employment、略称MBIE)と協力して、日ニュージーランド共同研究の共同支援のための新たな枠組みを構築し、当該領域(機能性食品、Functional Foods)における共同研究をこの枠組みにて支援することといたしました。具体的には、両機関が協力して、比較的小規模な共同研究(日ニュージーランド両国の研究者の派遣・招聘やシンポジウム・セミナー等の開催を含みます)を支援することを予定しています。

国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)の仕組み
戦略的国際科学技術協力推進事業 共同研究のしくみ

■ 研究主幹(日本側のプログラムオフィサー)

戦略的国際科学技術協力推進事業 共同研究のしくみ
国分 牧衛 (東北大学大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 教授)

■ 募集期間

平成26年8月22日(金)〜平成26年10月20日(月)午後3時

■ 募集要項

募集要項(PDF形式:3.39MB
(前半は募集要項、後半は注意事項となります。)

■ 申請方法

日本側研究者は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請します。本システムを初めて利用する場合、所定の手続きが必要です。
本システムへは、
http://www.e-rad.go.jp/index.html
よりアクセスできます。申請の際、WEB上に必要情報を登録するとともに、WEB上から申請書類(Word形式:108KB)をダウンロードし、記入してください。

e-Radによる応募の詳細につきましては、募集要項に添付の「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による応募について」をご覧ください。

なお、日本側研究者はJSTに、ニュージーランド側研究者はMBIEに申請していただきます。
(ニュージーランド側研究者はMBIEのポータルから申請書類のダウンロードおよび提出をしていただきます。申請書の記載事項は異なりますが、日本側研究者に合わせ、ニュージーランドの相手側研究者からMBIEに同様の提案申請がなされない場合は、審査の対象となりません。)

■ 支援の内容

共同研究課題が採択された場合、日本側研究者は支援期間(24ヶ月)で2080万円を上限として委託研究費を受け取ることができます。詳しくは募集要項をご覧ください。

■ 本件に関するお問合せ先

独立行政法人 科学技術振興機構
国際科学技術部 事業実施担当 伊藤、平川
TEL:03-5214-7375 FAX:03-5214-7379
E-mail: