JSTトップ > 事業の紹介 > イノベーション創出の推進

産学が連携した研究開発成果の展開
  •  産学連携事業は、大学、公的研究機関等(以下、「大学等」という)で行われている「科学技術の基礎研究」と、企業で行われている実践的な「応用研究・開発」をつなぎ、将来のイノベーションが期待される科学技術のシーズを実用化して社会へ還元し、社会経済や科学技術の発展や国民生活の向上につなげる取組みです。

産学連携個別課題型
  • 大学・公的研究機関などで生まれたすぐれた研究成果(技術シーズ)の発掘から実用化に至るまで、最適な支援タイプの組み合わせにより、シームレスに中長期的な研究開発を推進する競争的資金です。

  • 大学等の研究成果に基づくシーズを用いた、企業等が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し、実用化を後押しすることで、民間の需要を喚起し、持続的成長につなげることを目指します。

  • マッチングプランナーのページへ

    企業の開発ニーズを把握し、大学等のシーズの中からその解決等に資するものを結びつける専門人材「マッチングプランナー」を起点に、地域科学技術イノベーションの創出を目指します。

産学連携拠点型
  • COIプログラムのページへ

    現在潜在している将来社会のニーズから導き出されるビジョンに沿って、ハイリスクではあるが実用化の期待が大きい異分野融合・連携型の基盤的テーマに対し、産学が連携する研究開発チームを形成します。

  • イノベーションハブ構築支援事業のページへ

    国立研究開発法人を中核として、市場や産業界のニーズを取り込んで戦略を練り、最先端の研究や技術・人材を結集してオープンイノベーションを推進する「イノベーションハブ」を構築する取り組みを支援します。

  • 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラムのページへ

    新たな基幹産業の育成に向けた「技術・システム革新シナリオ」を作成し、それに基づく非競争領域における「組織」対「組織」の「本格的な産学共同研究」を通して、基礎研究や人材育成における産学パートナーシップを拡大し、我が国のオープンイノベーションを加速します。

  • 核となる技術を有する「コアクラスター」と「サテライトクラスター」が広域の産学官連携を行う「スーパークラスター」を構成し、国際競争力強化及び地域活性化の実現に取り組みます。

大学ベンチャー支援型
  • 大学発新産業創出プログラムのページへ

    大学などの技術シーズに関して、ベンチャーキャピタルなどの民間の事業化のノウハウを活用し、起業前段階から事業戦略・知的財産戦略を構築し事業化を目指す。

  • SUCCESSのページへ

    JSTの各種事業における研究開発成果の実用化をめざすベンチャー精神にあふれる方々を、出資や人的・技術的援助(ハンズオン)により支援する制度です。ベンチャー企業の創出成長を通じてJSTの研究開発成果の実用化・社会還元を促進します。

新規課題の募集を終了しているファンディングプログラム

(※1) 平成21年度補正予算事業

(※2) 平成20年度をもって新規の課題募集を終了し、平成21年度から「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」に再編

(※3) 平成21年度をもって新規の課題募集を終了し、平成22年度から「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」に再編

(※4) 平成25年度事業終了