[本文]

JSTトップ > 「社会システム改革と研究開発の一体的推進」事業 地域再生人材創出拠点の形成 ひとを創る。ひとが創る。地域創生フォーラム

開催結果

 平成27年3月20日(金)にイイノホール&カンファレンスセンターにて『ひとを創る。ひとが創る。地域創生』をテーマとしたシンポジウムを開催いたしました。
 当日は、プログラム報告、基調講演の後、人材育成分野により6つの分野に分かれてフューチャーセッションを行い、それぞれの議論の報告を実施しました。また、文部科学省による新規施策の紹介とプログラムディレクターからの総括コメントが行われました。多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございます。厚く御礼申し上げます。
  ● 当日配布冊子(配布冊子)
  ● 各講演者の資料はこちら
  ● 当日の様子(動画)

開催にあたり


【シンポジウムリーフレット(PDF:4.9MB)】

フューチャーセッションのテーマはこちらをご確認ください(PDF:678KB)

 現在、我が国においては、人口減少を契機に、「特に若年層の人口減少が地域経済の縮小を呼び、地域経済の縮小が人口減少を加速させる」負のスパイラルに陥ることが危惧されるなか、国全体としても、少子高齢化と生産年齢人口減少、経済規模の縮小、グローバル化によるボーダレス化や新興国の台頭による国際競争の激化、産業構造・就業構造の変化と社会的・経済的な格差や地域間格差拡大の懸念、そしてこれらに対応した地域におけるケアサービス(医療・介護・保育等)の拡大等が求められるなど多くの課題を抱えています。

 大学等は、教育研究の場であるほか、産学官連携による課題解決研究の実施や研究成果の還元、技術指導等で地域に貢献し、また、未来への飛躍を実現する人材の養成や絆づくりと活力あるコミュニティの拠点として地域ニーズに応じた人材の育成や高齢者・社会人の学び直しなどに貢献できるポテンシャルを有しており、地域の知の拠点・核として、地域再生のセンターとなる可能性を秘めています。

 文部科学省では、大学等が有する個性・特色を活かし、将来的な地域産業の活性化や地域のニーズに応え、地元で活躍し、地域の再生に貢献し得る人材の育成を目的に、平成18年度に「地域再生人材創出拠点の形成」プログラムを開始し、平成26年度までの9年間、大学等を支援してきました。また、平成25年度からは、「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」が開始され、さらに平成27年度から、「地(知)の拠点大学による地方創成事業~地(知)の拠点COCプラス~」が開始されようとしています。

 このような状況を踏まえてこの度、「地域再生人材創出拠点の形成」プログラムの実施により蓄積されたノウハウや事業運営の課題等を広く共有・公開するとともに、その課題等に対する解決策や新たに目指すべき地域における大学像を多様なステークホルダーのみなさまと探るべく、『ひとを創る。ひとが創る。地域創生』をテーマとしたフォーラムを開催することといたしました。

 本フォーラムでは、基調講演のほか、「地域再生人材創出拠点の形成」で採択されたプロジェクトをベースに、その取組みを「グローカル化促進」、「地域定着・回帰促進」、「地域コミュニティ再生促進」の大枠に分けた上で、人材育成分野を6つに分類し、分野毎の課題を整理し、地域の中小企業やベンチャー企業、NPO等との連携を意識しつつ、その解決策を探るフューチャーセッションを行いますとともに、国の施策(大学COC事業、大学COCプラス事業)の動向を共有し、最終的に地域創生において大学等に期待される取組みについてまとめを行う予定です。

 本フォーラムが、大学等関係者、自治体関係者、また、地域創生に取り組まれるすべての方々にとって、新たな知見等の共有と新たな共創を生む場になりますことを期待しています。

日時 :
平成27年3月20日(金) 13:00~18:30
場所 :
イイノホール&カンファレンスセンター
入場料:
無料(事前申込制)※定員に達し次第申込を終了します。

お問い合わせ

科学技術振興機構 科学技術プログラム推進部
 社会システム改革と研究開発の一体的推進
 地域創生フォーラム事務局
 電話:03-5214-3403 E-mail:メールアドレス