地域再生人材創出拠点の形成

大学等が有する個性・特色を活かし、将来的な地域産業の活性化や地域の社会ニーズの解決に向け、地元で活躍し、地域の活性化に貢献し得る人材の育成を行うため、地域の大学等(又は地域の大学等のネットワーク)が地元の自治体との連携により、科学技術を活用して地域に貢献する優秀な人材を輩出する「地域の知の拠点」を形成し、地方分散型の多様な人材を創出するシステムを構築する。

対象機関
大学、大学共同利用機関及び高等専門学校(地元の自治体との共同提案とする)
実施期間
5年間
支援規模
年間5,000万円を上限
採択プロジェクト数
53平成22年度 : 6平成21年度 : 12平成20年度 : 13平成19年度 : 12平成18年度 : 10

実施概要図

【参考情報】関連性のある事業のリンク

  地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+) (文部科学省のHPへリンク)

【参考情報】平成26年度開催フォーラム

  ひとを創る。ひとが創る。地域創生フォーラム

【参考情報】地域再生人材創出拠点の形成プログラム評価用資料

  地域再生人材創出拠点の形成プログラム評価用資料

平成22年度採択プロジェクト (実施期間:平成22年度~平成26年度)

プロジェクト 機関 連携自治体 概 要
企業を牽引する計算科学高度技術者の養成 国立大学法人神戸大学 兵庫県 地域に集積するものづくり産業を次世代型製造業へ転換させるために、企業内で最先端シミュレーション技術の導入・利活用を牽引するリーダーの養成を目指す。
災害科学的基礎を持った防災実務者の養成 国立大学法人静岡大学 静岡県 自治体や企業等で災害に関する実務に従事している「静岡県防災士」を対象に、災害発生後の「危機管理ノウハウ」にとどまらず、災害の事前予防を目指し、地域の災害特性を理解し、実践的応用力を身につけた人材を育成することを目標とする。
朱鷺の島環境再生リーダー養成ユニット 国立大学法人新潟大学 佐渡市 「朱鷺・自然再生学研究センター」を拠点として、佐渡市および生物多様性を推進する地域の関係機関と共同し、循環型社会の構築をリードする職業人を育成・供給する「朱鷺の島環境再生リーダー養成ユニット」を実施する。
森の国・森林環境管理高度技術者養成拠点 国立大学法人愛媛大学 愛媛県 愛媛県(林業研究センター)及び高知大学と連携し、精密森林管理・森林環境・管理組織・高性能作業システム、木材の高度品質の管理を含めた森林ビジネスに関する知識と技術等を習得した森林環境管理高度技術者を養成する大学院(修士)特別コースと複数の系列科目群から受講生が必要とする知識・技術に関する系列を選択履修する社会人リカレントコースを開設する。
せんだいスクール・オブ・デザイン 国立大学法人東北大学 仙台市 地域の課題にもとづくプロジェクト駆動型のデザイン教育を通じて、多規範適応型のデザイン・マネジメント能力を身に付けたクリエイタを養成し、クリエイティブ産業による地域経済の活性化を図る。
被ばく医療プロフェッショナル育成計画 国立大学法人弘前大学 青森県 弘前大学医学部附属病院高度救命救急センター内に緊急被ばく医療センターを、弘前大学の附置機関として「被ばく医療総合研究所」を設置し、「被ばく医療プロフェッショナル」育成コースを開講し、高度な被ばく医療の知識と技能の習得を目指す。

平成21年度採択プロジェクト (実施期間:平成21年度~平成25年度)

プロジェクト 機関 関連自治体 概 要
美(うま)し国おこし・三重さきもり塾 国立大学法人三重大学 三重県 三重大学と三重県が連携して、防災・減災活動の専門知識と地域コミュニティづくりのノウハウを併せ持った人材を「美(うま)し国・三重のさきもり」として養成し、主に三重県地域の行政・企業・地域に供給する。
医師・コメディカル統合的人材育成拠点形成 国立大学法人神戸大学 兵庫県 県内全域をフィールドとした地域医療人材の総合的育成及び循環システムの構築を通じて、県民の安全・安心を守る地域医療の再生ならびに今後発生が危惧されている南海大地震などに対する災害医療の充実を実現する。
ものづくり一気通観エンジニアの養成 豊田工業高等専門学校 豊田市 地域先進ものづくり企業、大学、あいち産業科学技術総合センター等の協力を得て豊田工業高等専門学校を拠点に「産・学・官」の三者が一体となって「ものづくりを一気通観できるエンジニア創出」拠点を形成していく。
緊急被ばく医療に強い救急総合医養成拠点 国立大学法人福井大学 敦賀市 福井大学(医学部、医学部附属病院)と敦賀市(市立敦賀病院)の連携による社会ニーズ合った新しい医師養成システムを構築し、緊急被ばく医療に強い救急総合医養成の拠点化及び緊急被ばく医療体制の整備を図る。
信州・諏訪圏精密工業の活性化人材の養成 国立大学法人信州大学 岡谷市 微小電気機械素子及びその創製技術(MEMS)を含む先端的な精密加工技術を身につけた課題解決型技術者を養成し、独自性の高い先端技術を開発できる地域に再生する拠点を形成する。
富士山麓医用機器開発エンジニア養成プログラム 沼津工業高等専門学校 静岡県 沼津高専及び東海大学開発工学部を中心に、臨床機関、産業支援機関、大手医療機器メーカーなど多様な教育シーズによるネットワークを形成し、静岡県東部に位置する富士山麓地域において、医療機器開発を担う企業、人材を創出する。
デジタルを活かすアナログナレッジ養成拠点 国立大学法人群馬大学 群馬県 アナログナレッジを習得し、その基礎に立脚して魅力ある製品を発想することの出来る技術者を県内の産官学が一丸となって養成する。
「多文化共生推進士」養成ユニット 国立大学法人群馬大学 群馬県 地域や職場における多文化の現状を的確に把握し、効果的な課題解決の方法を企画し実践する知識と技能を持つ「多文化共生推進士」の養成を行う。
新水産・海洋都市はこだてを支える人材養成 国立大学法人北海道大学 函館市 「新水産・海洋都市はこだて」を支える人材養成を目的として、水産・海洋科学に関する最新の知見とそれらを広く俯瞰できる能力を習得させ、産学官連携の潤滑化が可能な「水産・海洋コーディネーター」を養成する。
低炭素都市圏の構築を担う都市交通政策技術者の育成 国立大学法人京都大学 京都府 従来の需要追随型の都市交通政策の知識から脱却し、世界的なパラダイムシフトを理解したうえで、京都にふさわしい交通環境を有する低炭素型都市圏の構築に貢献できる官民の都市交通政策技術者を育成する。
里山野生鳥獣管理技術者養成プログラム 国立大学法人宇都宮大学 栃木県 地域で鳥獣害の効果的な対策を行うための指導的な役割を果たす技術者が不足しているため、大学の教育研究の実績と自治体の実務経験を相互に補完・統合し、地域に密着した鳥獣対策の担い手となる人材を輩出する。
オホーツクものづくり・ビジネス地域創成塾 東京農業大学 網走市 地場産品を利用した食品開発や知識・技術の修得から創造力を養い、高品質な「オホーツクブランド」の商品づくりから産業振興を目指すことのできる、地域のリーダー的人材「現代の榎本武揚」を養成する。

平成20年度採択プロジェクト (実施期間:平成20年度~平成24年度)

プロジェクト 機関 関連自治体 概 要
制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラム 国立大学法人静岡大学 浜松市 組込みシステムアーキテクト研究所は、浜松市及び地域企業と連携して、ソフトウェア工学と制御技術の基本を深く理解し、実践に応用できる技術者、複数の技術領域を統合する分野で活躍する技術者を育成する。
おかやま医療機器開発プロフェッショナル 岡山理科大学 岡山県 医療機器の開発・事業化に必要な医療機器に関する専門知識、安全性試験、臨床試験、薬事承認を遂行するための実戦的な知識、知的財産・MOT等の効率的な開発遂行に重要な知識を有し、地域企業において医療機器開発の中核となる人材を養成する。
PBLによる組込みシステム技術者の養成 仙台高等専門学校 宮城県 地域の中小企業からの要望が大きい自動車・電子機器関連の組込みシステムの現場での課題に対して、少人数グループのPBLにより、MOTを踏まえてグループ・リーダーとしてプロジェクト・マネージメントを行えるレベルまでに人材を育成し、連携する自治体宮城県が行っている現行の組込みシステムの技能者育成プロジェクトと相俟って地域再生・活性化を図る。
社会基盤メンテナンスエキスパート養成 国立大学法人岐阜大学 岐阜県 短期集中カリキュラムにおいて、岐阜県及び県内建設業界それぞれの組織の技術者が、所定の科目を履修することにより、共通の高度な知識を持った総合技術者(社会基盤メンテナンスエキスパート:ME)を養成する。
『世界俯瞰の匠』育成プログラム 国立大学法人山形大学 山形県 グローバルマーケティングから品質管理、リスクマネジメントまで総合的に世界市場を俯瞰できる人材の育成を目指して、地域中小企業のための「世界戦略 MOT」教育プログラムを実施する。
21世紀源内ものづくり塾 国立大学法人香川大学 香川県 高付加価値の微細構造デバイスの企画立案、製作能力を修得させるとともに、マネジメントもできるものづくりの担い手を目標に、人材を育成する。
東三河IT食農先導士養成拠点の形成 豊橋技術科学大学 愛知県、豊橋市、豊川市及び豊川宝飯地区農政企画協議会、蒲郡市、新城氏、田原市 生産時期や収量、品質が環境要因に左右される食農産業を安定化させるために、最先端のIT技術を導入し、システマティックな工学的技術と思考力、環境即応型の農学的技術と思考力を有する「IT食農先導士」を養成する。
土佐フードビジネスクリエーター人材創出 国立大学法人高知大学 南国市、香美市、香南市 食料産業の中核を担える「フードビジネスクリエーター(FBC)」である。さらに経営者感覚を身に付けた農業従事者の育成、理系の教育を受けていない食料産業従事者のスキルアップを目的に、3つのクラスのフードビジネスクリエーターを養成する。
山海空コラボレーションみかん島再生クルー 大島商船高等専門学校 山口県、大島郡大島町 周防大島の地域資源(農産品、瀬戸内海観光)を活用した島のアントレプレナーの養成と、動画による情報発信を行うネット TV ディレクターの養成を行う。
観光ナガサキを支える道守養成ユニット 国立大学法人長崎大学 長崎県 県内の自治体職員、建設・コンサルタント業、NPO、地域住民を対象とし、道路構造施設の維持管理に携わる“道守”を養成し、“まちおこし”の基盤となるインフラ構造物の再生・長寿命化に係わる人材を創出する。技術士、診断士、土木施工管理技士等、各公的資格レベルに応じた基礎知識、応用能力をもつ人材と、一般市民(ボランティア、愛護団体等)を対象として構造物の日常的な目視点検ができる人材を養成する。
あきたアーバンマイン技術者養成プログラム 国立大学法人秋田大学 秋田県(および大館市、能代市、小坂町などエコタウンエリアの自治体 資源リサイクル事業の基本となる科学技術を理解し、リサイクル産業を支援するコーディネート人材、技術開発や共同研究の発掘などマッチング力を備えた人材を養成する。
「医用システム開発マイスター」養成塾 国立大学法人弘前大学 青森県 研究開発を先導できる人材の育成を目指した「医用システム技術」に関する研修コースを設ける。「医用工学」等に加えて工学以外の「検査医療の体験」なども組み入れたカリキュラムを提供するだけでなく、各企業における技術課題の解決の事例紹介、企業間相互のインターンシップの受入れ、医用システムを考案する過程のPBLゼミナールを通して、ナノとマイクロのすき間技術(超精密加工)までをカバーできる設計・開発技術者としての「医用システム開発マイスター」を養成し、地域の再生を図る。
戦略的発想能力を持った唐津焼産業人材養成 国立大学法人佐賀大学 唐津市 伝統工芸唐津焼の産業再生を目指し、シンクロトロン放射光施設等の先端科学技術やマーケットイン型の経営戦略技術を活用し、新技術・新商品の開発や、ローカルブランドを継承しつつグローバルに発信・展開する“グローカルブランド”を創出できる人材の養成を目的とする。

平成19年度採択プロジェクト (実施期間:平成19年度~平成23年度)

プロジェクト 機関 関連自治体 概 要
宇宙映像利用による科学文化形成ユニット 自然科学研究機構国立天文台 三鷹市 次世代映像コンテンツ産業を担う人材、科学資源を社会で利活用できる新たな起業者の育成、観光・教育・少子高齢化などの地域ニーズに貢献し得るコミュニティ・ビジネス人材の育成を図る。
環境管理修復・地域資源活用人材養成ユニット 国立大学法人島根大学 島根県 微妙な塩分濃度と汚濁により影響を受ける多様な生態系が存在する、日本を代表する汽水湖である宍道湖及び中海並びにそれらの流域をフィールドにして、循環型社会を見据えた、流域の総合的な管理と新たな環境修復産業の創出が可能な人材の創出を図る。
ホールマネジメントエンジニア育成ユニット 国立大学法人九州大学 福岡市 ハードとしてのホール機能の十分な理解と、そこで上演されるコンテンツの芸術文化の理解、加えてそれを実際に企画運用するための企画・実践・経営能力(マネジメント能力)を兼ね備えた人材の育成を目的とする。
徳島県南のLED関連技術者養成拠点の形成 阿南工業高等専門学校 徳島県、阿南市 LED関連事業や技術に関心を持つ人材を受け入れ、LED応用製品を設計・製作できる中堅技術者に要求される知識及び技術を2年間で修得させることを目標とする。
海洋サイバネティクスと長崎県の水産再生 国立大学法人長崎大学 長崎県 海洋環境の回復を通じて水産資源を育成し、長崎県下のブランド魚を加工・流通するプロセスの実践に貢献できる人材を養成することを目的とする。
元気なら組み込みシステム技術者の養成 奈良工業高等専門学校 奈良県 中小企業より特に強い要望のある「組み込みシステム技術者」を短期集中カリキュラムによって養成し、地域再生・活性化を図ろうとするものである。カリキュラムは社会人の技術者・技能者を対象として修得させる。
十勝アグリバイオ産業創出のための人材育成 国立大学法人帯広畜産大学 帯広市 新たなアグリバイオ産業による持続的自立的経済基盤を確立するために、十勝管内で生産される農畜産物やバイオマスなどの地域資源に対して、より付加価値の高い製品等への転換を目指したビジネスモデルや新規プロジェクトを企画・推進できる人材(コーディネーター)と生産現場におけるリーダー(プレイヤー)を養成する。
21世紀型ものづくり人材岩手マイスター育成 国立大学法人岩手大学 岩手県 大学院修士課程レベルで、金型・鋳造、デバイス技術分野において、研究開発から、生産技術、経営までを一貫して理解できる高度技術者を育成することを目的とする。
「能登里山マイスター」養成プログラム 国立大学法人金沢大学 石川県、珠洲市、輪島市、能登町、穴水町 能登半島で生態学と環境保全型農業を2年間学ぶとともに実践し、一次産品に二次(加工)、三次(サービス)の付加価値をつける事業センスを身につけた人材、さらに、能登半島の優れた自然や里山里海の景観、文化資源を環境ブランドとしてグリーンツーリズムなどに展開していく人材の養成を目的とする。
みなまた環境マイスター養成プログラム 国立大学法人熊本大学 水俣市 水俣市が必要としている「資源循環型社会の構築に貢献できる人材」及び「社会システム・ライフスタイルを含めた環境保全の担い手」を創出する。
ながのブランド郷土食 国立大学法人信州大学 長野市 地域の食品関連の技術者の再教育と、将来の地域食品加工業を支える高度専門技術者を養成し、地域特産物の掘り起こしを行うとともに、食品加工業の活性化のための技術的な支援と人材の養成を行う。
石川伝統工芸イノベータ養成ユニット 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学 石川県 次世代の伝統工芸産業を担い、地域の核となる人材の創出を目的とし、各自の課題に対応した伝統工芸技術の開発・改良ができる人材、及び所有する技術や開発された新技術・新商品を活かした経営ができる人材を養成する。

平成18年度採択プロジェクト (実施期間:平成18年度~平成22年度)

プロジェクト 機関 連携自治体 概 要
FPD関連次世代型技術者養成ユニット 八戸工業大学 青森県 青森県と連携し、地域の地場企業及び進出企業の技術者を対象に、地域のニーズに対応して、FPD(フラット・パネル・ディスプレイ)関連の新製品・新技術開発に必要な次世代型技術者を養成する。
次世代金型人材育成拠点の形成 国立大学法人岐阜大学 岐阜県、大垣市 金型技術の伝承・高度化を着実に実行するために、“創造的かつ意欲ある若手技術者”を養成し、優秀なプレーイングマネージャーになり得る人材を輩出することを人材養成の目的とする。
伝統技能と科学技術の融合による先進的ものづくりのための人材育成 国立大学法人京都工芸繊維大学 京都市 伝統技能に内在している暗黙知を形式知化した新技術を開発・活用し、新たなイノベーションを創出し得る人材を育成することを目的とする。
はままつデジタル・マイスター(HDM)育成プログラム 国立大学法人静岡大学 浜松市 最新デジタル技術を活用して企画/開発・設計から製造技術までを一貫して構築できるものづくりの統合的能力を持ち、最新デジタル技術と加工法を駆使して“21世紀型の擦り合せて作りこむ”ものづくり能力を持つ技術者(HDM)の養成を行う。
かごしまルネッサンスアカデミー 国立大学法人鹿児島大学 鹿児島県 伝統と地域の特性を生かした醸造業を支える技能に科学的、文化的な側面の裏付けを与え、世界へ向けての鹿児島ブランドを確立できる人材、さらに、ブランド力を高めるための経営センスを有する人材を育成することを目指す。
『食農の匠』育成プログラム 国立大学法人山形大学 山形県 新たな「食農産業」の担い手となる「生産技術からマーケティング・経営」までを総合的にマネジメントでき得る人材=『食農の匠』の育成を目指し、「食品MOT」教育プログラムを実施する。
新時代工学的農業クリエーター人材創出プラン 国立大学法人北見工業大学 北見市 遊休地の有効活用と建設業関連業界の業種転換を目的として、健康と安心・安全をキーワードに新規作物(例:ハーブ)の作付けから商品造りまでの知識を有し、特に工学を活かした循環型・環境調和型さらにはGPS・GIS活用型精密農業により、作物生産の効率化から新規作物の商品化等を含む農業法人開設に向けたビジネスモデルを企画できる人材を育成することを目指す。
ワイン人材生涯養成拠点 国立大学法人山梨大学 山梨県 山梨県、山梨大学、ワインメーカーが協力し、地域再生人材養成ユニットを創設した。この養成拠点は三つの機能(人材養成、人材活用推進、ビジネス支援)を備え、地域ワイナリー技術者の再教育、大学院修士課程におけるワイントップエリートの養成及びワイン人材の生涯にわたる支援と質を保証する。
先進・実践結合型IT産業人材養成 国立大学法人琉球大学 那覇市 那覇市と連携して、IT産業の集積・発展を目指し、システム開発、ネットワーク構築、プロジェクトマネジメントの各分野で、沖縄のIT産業全体を牽引する最上級のIT産業人材の養成を行うことを目的とする。
近江環人地域再生学座 公立大学法人滋賀県立大学 滋賀県 湖国近江の風土、歴史、文化を継承し、自然と共生した美しい居住環境、循環型地域社会を形成するために、地域診断からまちづくり(コミュニティ活性化、環境改善、市街地再生等)への展開を総合的にオーガナイズできる人材「近江環人=コミュニティ・アーキテクト」を育成することを目指している。

※総括責任者は機関の長です。