イノベーションシステム整備事業

先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム

Creation of Innovation Centers for
Advanced Interdisciplinary Research Areas Program

拠点形成

5年程度の比較的短期的な実用化を目指すのではなく、概ね10年~15年先を見通し、
革新的な技術の開発並びに新産業の創出などの大きな社会・経済的なインパクトをもたらす可能性がある
先端融合領域において、世界的な研究拠点を形成する

平成19年度採択
 国立大学法人 京都大学 『次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点』 
http://www.ak.med.kyoto-u.ac.jp/

京都大学での医・薬・理・工学研究と製薬企業の創薬技術の融合による次世代免疫制御薬の開発

実施機関
国立大学法人 京都大学
実施期間
平成19年度〜28年度
総括責任者
山極 壽一 (京都大学 総長)
研究者(代表)
成宮 周 (大学院医学研究科 教授)
所在地
京都府京都市左京区吉田近衛町
TEL
075-753-9501
FAX
075-753-9500
協働機関
アステラス製薬㈱

本事業は、京都大学大学院および京都大学医学部附 属病院での基礎・臨床研究と協働機関の創薬技術を融合し次世代免疫制御薬を開発するとともに、ポストゲノム時代の創薬産学連携モデルを創造し関連人材の養成を目指す。具体的には、京都大学医学部構内に融合ラボを新設し、ここで京都大学の医・薬・理・工学とアステラス製薬(株)の研究者が協働して技術融合を行い、効 率的な創薬研究開発システムを確立する。これを用いて、アレルギー、自己免疫病、慢性炎症疾患、感染症、移植、がんなど重要で薬物治療が不十分な疾患を克服する次世代の免疫制御薬を開発し、国民の健康と福祉に貢献するとともに我が国の製薬産業の国際競争力の強化に寄与することを目指す。また、医学・創薬・知財などの複合的能力を有する「創薬医学研究者」を養成し、各方面に輩出し、大学と企業のインターフェイスの形成と将来の創薬事業の推進に貢献する。