JSTトップ > 先端計測分析技術・機器開発プログラム > 採択課題 > 平成26年度採択課題「最先端研究基盤領域」要素技術タイプ

平成26年度採択開発課題(要素技術タイプ):4件

【最先端研究基盤領域】
暗視野X線タイコグラフィ法の開発
●チームリーダー/所属・役職
高橋 幸生
大阪大学
大学院工学研究科
准教授
●参画機関
●開発概要
X線タイコグラフィは、高い空間分解能を有するX線位相イメージング法であり、さまざまなバイオイメージング・構造物性研究への応用が期待されている。本研究開発では、目的の空間分解能・感度を達成するために必要な回折強度のダイナミックレンジを大幅に圧縮する新手法「暗視野X線タイコグラフィ法」を開発し、世界最高の空間分解能・感度を有するX線タイコグラフィを実証する。

高速1ショット観測を実現するフォトカソード電子源の開発
●チームリーダー/所属・役職
西谷 智博
名古屋大学
シンクロトロン光研究センター
特任講師
●サブリーダー/所属・役職
北村 真一
日本電子(株)
開発基盤技術センター
副センター長
●参画機関
東京理科大学
青山学院大学
●開発概要
1ミリ秒以下のシングルショットで電子顕微鏡画像を撮影可能で、電子線の平行性、可干渉性が既存の熱電界放出型電子銃と同等以上の半導体フォトカソード電子銃の開発を行う。本開発により、電子顕微鏡の時間分解能の飛躍的向上やクライオ電子顕微鏡法のスループットと分解能向上、水溶液中、気体雰囲気チャンバー中の分子の高時間分解能動態観察などへの波及が見込まれ、電子顕微鏡法に革新をもたらすことが期待できる。

クラスターイオンを用いる固液界面評価技術の開発
●チームリーダー/所属・役職
松尾 二郎
京都大学
大学院工学研究科
准教授
●サブリーダー/所属・役職
宮山 卓也
アルバック・ファイ(株)
分析室
室長
●参画機関
●開発概要
クラスターイオンを用いる二次イオン質量分析法により液体および固液界面の化学状態分析を実現する。本開発により、100Paの低真空下で液相が表面に存在する濡れた状態の試料の分析を可能にし、ガス雰囲気下の実用触媒やバイオ材料などの評価に適用することで、これまでの手法では得られなかった界面の化学状態に関する新たな知見が期待できる。

高感度かつ高精度な転写産物の検出技術の開発
●チームリーダー/所属・役職
保川 清
京都大学
大学院農学研究科
食品生物科学専攻
教授
●サブリーダー/所属・役職
林 司
(株)カイノス
開発本部
取締役・開発本部長
●参画機関
関西学院大学
大阪府立母子保健総合医療センター
●開発概要
現在のcDNA合成にはレトロウイルス由来の逆転写酵素が用いられているが、鋳型RNAがつくる二次構造および酵素自身の不安定性により、感度と正確性においてDNA合成酵素に及ばない。本課題では、独自開発の「耐熱型逆転写酵素」、「逆転写活性を有する耐熱型DNAポリメラーゼ」、「RNA・DNAヘリカーゼ」を用いて、1〜数分子の標的RNAから正確な配列をもつcDNAを確実に合成する技術を開発する。さらに、本技術をマイクロアレイに適用し、転写産物の高感度かつ高精度な検出を実現する。

全原子を測定対象とする次世代型NMR装置の開発
●チームリーダー/所属・役職
山田 和彦
高知大学
総合科学系複合研究領域
特任講師
●参画機関
京都大学
東京大学
理化学研究所
山形大学
早稲田大学
●開発概要
既存の核磁気共鳴(NMR)装置では、四極子相互作用や核−電子スピン相互作用に起因する線幅や感度不足が問題となり、測定可能な核種が限定されている。そこで、本開発では、周期表上の全ての原子を測定対象とする次世代型NMR装置を開発する。磁場掃引型NMR装置に最先端の超高感度化技術であるオプトメカニクスと高温超伝導コイルを組み合わせた新規測定手法を導入し、世界標準の次世代型NMR装置として、我が国発の新しい分析機器のコンセプトを確立する。


△ページTOPに戻る