JSTトップ > 先端計測分析技術・機器開発プログラム > 採択課題 > 平成25年度採択課題「最先端研究基盤領域」要素技術タイプ

平成25年度採択開発課題(要素技術タイプ):1件

【最先端研究基盤領域】
マルチモーダル発光イメージングシステムの開発
●チームリーダー/所属・役職
永井 健治
大阪大学
産業科学研究所
教授
●参画機関
●開発概要
励起光の照射を必要としない化学発光観察は、光によって生理機能を制御するオプトジェネティクスとの併用が可能であるが、両技術を実時間の分解能で併用することは困難であった。本開発では、複数の生体分子を光で操作しながら高速かつ長期間、焦点ずれなく複数の生理機能を化学発光により可視化できる「マルチモーダル発光イメージングシステム」を構築し、これまでにない多次元機能動態操作観察解析に資する技術を確立する。


△ページTOPに戻る