FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy
区切り

Img043

FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy

メーカー名 :
 (株)島津製作所

製品の紹介(特徴など) :
 PEFC内のガス拡散層(GDL)の深さ方向の酸素濃度を、リアルタイムで直接モニタする世界初(島津製作所調べによる)の装置です。

 製品情報URL : 
 http://www.shimadzu.co.jp/products/niche/index.html


本成果の元となった開発課題

開発課題名 燃料電池内3次元反応分布可視化装置の開発
チームリーダー 犬飼 潤治 (山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 特任教授)
参画機関 (株)島津製作所、早稲田大学、慶應義塾大学、パナソニック(株)、みずほ情報総研(株)
開発期間 平成23〜平成26年度
開発概要 発電中の燃料電池内部の任意箇所に、必要個数のマイクロサイズの検出プローブを挿入し、ガス流路からアノード、電解質、カソードにかけての平面および深さ方向の物質の同定と状態、反応過程、物理現象を高時間(ミリ秒)・空間(マイクロメートル)分解能で測定することにより、任意運転状況下の電池内の現象を3次元的に明らかにし、可視化および定量が可能な、これまでにない画期的な3次元計測可視化システムを開発します。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.