JSTトップ > 先端計測分析技術・機器開発プログラム > 開発成果データベース > 超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステムNexera UC
超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステムNexera UC
区切り

Img037

超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステムNexera UC

メーカー名 :
 (株)島津製作所

製品の紹介(特徴など) :
 世界初の超臨界流体抽出・分離を一体化した分析システム。煩雑な前処理不要で、成分の一斉分析を可能にします。

 製品情報URL : 
 http://www.an.shimadzu.co.jp/hplc/nexera_uc/index.htm


本成果の元となった開発課題

開発課題名 質量分析用超臨界流体抽出分離装置の開発
チームリーダー 馬場 健史 (大阪大学 准教授)
参画機関 神戸大学、宮崎県総合農業試験場
開発期間 平成24年〜26年度
開発概要 臨床診断や食品の安全性検査などにおいて世界をリードするには、多検体のハイスループットスクリーニングを可能にする革新的な分析装置が必要です。本課題では、超臨界流体の特性を生かした自動多検体処理型抽出−分離密閉オンラインユニットを構築し、ハイスループット・高感度・高分離能の質量分析用超臨界流体抽出分離装置の開発を目指します。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.