多共焦点ラマン顕微鏡 Phalanx-R
区切り

Img031

多共焦点ラマン顕微鏡 Phalanx-R

メーカー名 :
  (株)東京インスツルメンツ

製品の紹介(特徴など) :
 カメラのように一瞬でラマン画像が取得できる世界で初めてのラマン顕微鏡です。

 製品情報URL : 
 http://www.tokyoinst.co.jp/products/detail/TI02/index.html


本成果の元となった開発課題

開発課題名 2次元多共焦点ラマン分光顕微鏡の実用化開発
チームリーダー 河村 賢一((株)東京インスツルメンツ 室長)
参画機関 学習院大学
開発期間 平成23年〜25年度
開発概要 本プログラム「機器開発タイプ」で開発した成果をもとに、生きた細胞や組織のラマンイメージをリアルタイムで観察可能な2次元多共焦点ラマン分光顕微鏡の実用化開発を行います。本顕微鏡は、励起ビームを20×20(400点)に分割して集光照射し、試料やビームの走査を一切行うことなく2次元ラマンイメージとスペクトル測定が可能です。生きた細胞のラマンイメージ取得時間が1秒以下、空間分解能500nmを目指した実用化開発を行います。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.