EMS粘度計
区切り
四重極電磁石による電磁スピニング法を用いた 粘弾性計測の要素技術開発

Img030

EMS粘度計

メーカー名 :
  京都電子工業(株)

製品の紹介(特徴など) :
 EMS粘度計は、磁場の力を利用して試料を完全に装置から切り離して測定できる、革新的な粘度計です。

 製品情報URL : 
 http://www.kyoto-kem.com/ja/product/ems1000/

 Keyword : 粘弾性計測、四重極電磁石、電磁スピニング法

本成果の元となった開発課題

この課題の詳細はこちら Icon_pdf  (日本語版)
開発課題名 革新的粘弾性計測法「EMS 法(Electro Magnetically Spinning)」の実用化開発
チームリーダー 石原 進介(京都電子工業(株) テクニカルエクスパート)
参画機関 東京大学生産技術研究所
開発期間 要素技術タイプ:平成21〜23年度、実証・実用化タイプ:平成24〜27年度
開発概要 流体を工業的に扱う際に、粘弾性特性が重要な物性値になる。この計測には、数十年前に開発された計測方式が今でも使用されている。本開発は、新たな方法論をもとに、非接触かつ少量の試料で粘弾性を計測可能な装置の開発を目指す。この開発により、新規材料開発、希少価値の高い医療分野などへの応用が可能になるとともに、簡便に測定ができることにより、計測機会を増大させることが期待される。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.