サーマルサイクラーGeneAtlasHS02
区切り

Img010

サーマルサイクラーGeneAtlasHS02

メーカー名 :
  (株)アステック

製品の紹介(特徴など) :
 デジタル制御により試料の温度を精密に制御できるPCR装置です。

 製品情報URL : 
 http://www.astec-bio.com/gene/e01/index.html


本成果の元となった開発課題

開発課題名 単一細胞内遺伝子発現プロフィール解析システム
チームリーダー 安倍 真澄(放射線医学総合研究所 グループ長)
参画機関 オリエンタル酵母工業(株)、北海道大学、(株)アステック
開発期間 平成17年〜21年度
開発概要 HiCEP法は、マイクロアレー法とは原理の異なる遺伝子発現プロフィール技術であり、未知転写物や低発現転写物の網羅的・定量的観察を可能とし、また解析に先立ちシーケンス情報を必要としないため全真核生物の解析を可能とします。本開発では、HiCEP法を基にした単一細胞内における遺伝子発現プロフィール解析システムの構築を行います。これにより、疾患原因遺伝子の検索、モニタリングが必要な全ての分野の状況を一変させることが期待されます。
[注]HiCEP:High coverage gene expression profiling



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.