研究用倒立顕微鏡 Eclipse Ti
区切り
細胞内における蛋白質複合体の挙動を直接捉えるための光学/電子顕微鏡基盤技術の開発

Img002

研究用倒立顕微鏡 Eclipse Ti

メーカー名 :
 (株)ニコンインステック

製品の紹介(特徴など) :
 研究用倒立顕微鏡。本プログラムの開発成果の一部が利用されています。

 製品情報URL : 
 http://www.nikon-instruments.jp/jpn/bioscience-products/inverted-microscope/eclipse_ti

Keyword : 顕微鏡観察、3次元再構成、標識蛋白質、構造解析、構造差分検出法、精製用タグ、蛍光蛋白質

本成果の元となった課題

この課題の詳細はこちら Icon_pdf  (日本語版) 先端計測成果集より
開発課題名 細胞内タンパク質統合検出システム
チームリーダー 片山 栄作(千葉大学 特任教授)
参画機関 工学院大学、順天堂大学、国立精神・神経センター、(独)産業技術総合研究所
開発期間 平成17年〜20年度
開発概要 細胞内で機能している蛋白質分子構築の立体構造を高分解能で検出するための構造解析法を開発し、生命科学者の夢、「1分子の構造生物学」の実現を目指します。既に構築した急速凍結レプリカ電子顕微鏡画像からの3次元再構成法を発展させ、さまざまな条件における生体試料の立体構造解析を可能にします。さらに高精度、多機能の特異的標識法などを組み合わせた統合検出システムにより、一般の研究者が通常の機器を用いて生体分子構築の高分解能構造情報を得ることが可能となります。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.