JST>事業HOME>平成24年度公募要領>重点開発領域「グリーンイノベーション領域」>公募説明会の開催について

公募説明会の開催について

 下表の通り、研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の公募説明会を開催いたします。なお、会場の都合等がありますので、事前の申し込みをお願いいたします。参加希望者が多数の場合には、やむを得ずお断りする場合がありますのでご了承ください。
 申込は、「参加代表者の所属・役職・氏名」と「参加者人数」を明記の上、各開催日の前日までに電子メール)にて申し込み下さい。
 (件名:公募説明会参加登録(*月*日@開催地))
 表中に記載の電話番号は公募説明会会場のものですので、公募説明会の内容等につきましては、JST産学基礎基盤推進部 先端計測室までお問い合わせ下さい。なお、本公募説明会への参加は応募の条件ではありません。

表:公募説明会開催スケジュール及び開催会場

開催地 日時 会場
東京
(1回目)
5月28日(月)
14:00〜16:00
(独)科学技術振興機構 東京本部別館1階ホール
東京都千代田区五番町7 K's五番町
Tel. 03-3512-3529
福岡 5月31日(木)
14:00〜16:00
アクロス福岡 608号室
福岡市中央区天神1丁目1-1
Tel. 092-725-9111
大阪 6月4日(月)
14:00〜16:00
(財)大阪科学技術センター 700号室
大阪市西区靭本町1丁目8-4
Tel. 06-6443-5324
東京
(2回目)
6月6日(水)
14:00〜16:00
(独)科学技術振興機構 東京本部別館2階会議室
東京都千代田区五番町7 K's五番町
Tel. 03-3512-3529
仙台 6月8日(金)
14:00〜16:00
TKP仙台カンファレンスセンター
カンファレンスルーム3B
宮城県仙台市青葉区花京院1丁目2-3
Tel. 022-217-7126

↑ このページのTOPへ

JSTは男女共同参画を推進しています!

 JSTでは、科学技術分野における男女共同参画を推進しています。
 総合科学技術会議は、第3期科学技術基本計画において、「女性研究者の活躍促進」について盛り込みました。日本の科学技術の将来は、活躍する人の力にかかっており、多様多才な個々人が意欲と能力を発揮できる環境を形成する必要があります。第4期科学技術基本計画では、「自然科学系全体で25%という第3期基本計画における女性研究者の採用割合に関する数値目標を早期に達成するとともに、更に30%まで高めることを目指し、関連する取組を促進する」としています。
 JSTでは、事業を推進する際の活動理念の1つとして、「JST業務に係わる男女共同参画推進計画を策定し、女性研究者等多様な研究人材が能力を発揮できる環境づくりを率先して進めていくこと」を掲げています。
 新規課題の募集・審査に際しては、男女共同参画の観点を踏まえて進めていきます。
 男女ともに参画し活躍する研究構想のご提案をお待ちしております。
 研究者の皆様、男性も女性も積極的にご応募いただければ幸いです。

独立行政法人科学技術振興機構 理事長
中村 道治

女性研究者の皆さん、さらなる飛躍に向けて、この機会に応募してみましょう

 日本における研究者に占める女性の割合は、現在13.8%(平成22年度末現在。平成23年科学技術研究調査報告(総務省)より)といわれています。上昇傾向にはあるものの、まだまだ国際的にはとても低い数字です。女性研究者が少ない理由としては、出産・育児・介護で研究の継続が難しいことや、女性を採用する受け入れ体制が整備されていないこと、自然科学系の女子学生が少なく女性の専攻学科に偏りがあることなどがあげられています。
 これらの課題に対しては、国としても様々な取り組みが行われていますし、同時に、女性自身、そして社会全体の意識改革も必要でしょう。「もうこのくらいで良い」とあきらめたりせず、少しずつでもよいからステップアップしていけるよう、チャレンジを継続していって欲しいと思います。
 JSTでは、研究者の皆さんから研究提案を募ることで事業を推進しています。そこで、女性研究者の皆さんにも、まず研究提案を応募することから飛躍への第一歩をつかんでもらいたいと思います。JSTでは、研究提案数が増えれば、採択数の増加が促され、それが女性研究者全体の研究機会の拡大にもつながっていくものと考えています(※)
 この機会にJSTの事業に参加することで自らの研究アイデアを発展させ、研究者として輝き、後に続く後輩達を勇気づけるロールモデルとなっていっていただければ、と願っています。

独立行政法人科学技術振興機構男女共同参画主監
小舘 香椎子
(日本女子大学名誉教授)

 JSTでは、研究とライフイベント(出産・育児・介護)との両立支援策を実施しています。また、理系女性のロールモデルを公開しています。
 詳しくはJST男女共同参画ホームページをご覧ください。

※JSTの公募事業全体における女性研究者の比率は応募6.7%に対し採択6.7%です。採択率は応募率の変動にリンクしている傾向があります。(平成23年度公募実績(平成23年12月現在))