JSTトップ > 事業成果 > 社会技術・社会基盤

社会技術・社会基盤

社会技術・社会基盤 分野の成果

インフルエンザウイルスの画期的な合成法を開発

画期的な技術力で新型インフルエンザのパンデミックを阻止する!

河岡
河岡 義裕(東京大学 医科学研究所 教授)
CREST
免疫難病・感染症等の先進医療技術「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」研究代表者(H13-19)
ERATO
「河岡感染宿主応答ネットワークプロジェクト」研究総括(H20-26)
※H21より研究を拡大

自然災害による犠牲者ゼロを目指して

「動くハザードマップ」と防災教育

片田
片田 敏孝(株式会社アイ・ディー・エー社会技術研究所 取締役研究所長/群馬大学 大学院工学研究科 教授)
RISTEX
研究開発成果実装支援プログラム
「津波災害総合シナリオ・シミュレータを活用した津波防災啓発活動の全国拠点整備」実装責任者(H19-22)

被災者台帳を用いて

生活再建支援システムの実装

画像:田村 圭子
田村 圭子(新潟大学 危機管理本部 危機管理室 教授)
RISTEX
情報と社会 「ユビキタス社会のガバナンス」研究者(H19-21)
RISTEX
研究開発成果実装支援プログラム
「首都直下地震に対応できる被災者台帳を用いた生活再建支援システムの実装」研究代表者(H23-25)

国を越えた科学技術協力で、食糧問題の解決へ

最先端育種技術によるベトナムニーズのイネ品種開発

画像:吉村 淳
吉村 淳(九州大学 大学院農学研究院 教授)
SATREPS
生物資源領域 「ベトナム北部中山間地域に適応した作物品種開発」研究代表者(H22-27)

支援の輪を広げるために

発達障害者の要支援度を評価

画像:船曳 康子
船曳 康子(京都大学大学院 人間・環境学研究科 准教授)
RISTEX
研究開発成果実装支援プログラム
「発達障害者の特性別評価法(MSPA)の医療・教育・社会現場への普及と活用」 実装責任者(H26-29)

レーザー技術で打って聞く

コンクリート内部を遠隔で高速検査

画像:緑川 克美
緑川 克美(理化学研究所光量子工学研究領域 領域長)
SIP
インフラ維持管理・更新・マネジメント技術
「レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」 研究責任者(H26-)

科学技術イノベーションを活用

東日本大震災からの復興を目指して

毎日飲んでアンチメタボ効果を発揮!おいしい玄米あまざけ

課題名
玄米含有機能成分を活用したアンチメタボリック発酵食品の研究・商品開発
企業
会津天宝醸造株式会社(福島県会津若松市)
研究責任者
鈴木賢二(福島県ハイテクプラザ)
研究機関
琉球大学、福島県ハイテクプラザ

津波塩害農地をエコで復興

菜の花プロジェクト

中井 裕(東北大学大学院農学研究科 教授)
RISTEX
東日本大震災対応・緊急 研究開発成果実装支援「東北被災地の農地・農業を復興」実装責任者(H23)

低炭素社会構築型の復興シナリオの提案

薄膜太陽電池企業を宮城県へ!

低炭素社会戦略センター(LCS)
低炭素社会実現のための社会シナリオ研究