事業成果

論文引用動向・ライセンス

論文引用動向

論文引用動向の日本国内でのJSTの順位は東京大学に次いで第2位に相当し、大学をのぞいては日本国内でトップです。1論文あたりの平均被引用数は飛び抜けて高く、多くの研究者に引用される論文を発表していることを示しています。

高被引用論文数による日本の研究機関ランキング

順位 機関名 高被引用論文数 高被引用論文の割合
1 東京大学 1326 1.60%
2 京都大学 764 1.20%
3位相当 科学技術振興機構 725 2.30%
3 理化学研究所 623 2.40%
4 大阪大学 540 1.10%
5 東北大学 497 1.00%

クラリベイト・アナリティクス社 平成29年4月13日プレスリリース「インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表」をもとにJSTで作成。【分析に用いたデータベース】Essential Science Indicators 【対象期間】2006年1月1日~2016年12月31日 (11年間)

※2015年より、ファンディングエージェンシーであるJSTは順位としてはランキングに入っていませんが、クラリベイト・アナリティクス社によるとJSTは高被引論文数は725報、高被引用論文の割合2.3%で3位に相当します。

ライセンス

JST事業による研究成果や、大学や国公立試験研究機関等からの依頼にもとづく研究成果の実用化のため、目利き人材や企業等とのネットワークを活用しつつ企業を探索し、研究開発成果のライセンス活動を行っています。

【開発あっせん・実施許諾】 平成29年度実績 企業件数22社/実施料収入15.7億円

  • これまでの実績1
  • これまでの実績2