トップページへ
ドキュメンタリー
ドキュメンタリー
「森林資源のエネルギー化技術による
地方の自立・持続可能な 地域経営システムの構築」
研究代表者:那須清吾
(高知工科大学社会マネジメント研究所 所長)
「海域環境再生(里海創生)社会システムの構築」
研究代表者:柳 哲雄
(九州大学応用力学研究所 教授)
「多視点化による「共有する医療」の実現に向けた研究」
研究代表者:行岡哲男
(東京医科大学救急医学講座 主任教授)
アクターの協働による双方向的リスクコミュニケーションのモデル化研究」
研究代表者:飯澤理一郎
(北海道大学大学院農学研究院 教授)
インタビュー(プロジェクト参加者の紹介)
インタビュー
普通に生活している人にとっては
「ゲノム」ってピンとこないと思う。
T. M
世の中を変えるには、
決め方を変えないといけない
鈴木達治郎
専門性を究めれば究めるほど
社会と距離が開いてしまう
吉澤 剛
地方でビジネスを成功させる絵
描けるけど、研究した事例はない
那須清吾
地域の産業があぶないから
何とかできないかと参加しました
永野正朗
科学と社会のあいだに入る
仕事をしています
加藤和人
そこに生きる人が自分たちで未来を
作っていけるような仕組みが大事
佐藤 哲
自分の住む地域の自然や環境を
どう理解して、どう働きかけるか
清水万由子
話し合いの場所を作っていくと
勝手にまわりはじめている
鎌田磨人
科学者は問題提起しかできない。
最後は一市民が決めるんだと思う
柳下正治
大学が社会的な別の役割を果たす
ことは、どこでもできると思う
石川雅紀
そもそも社会の問題を科学技術に問うことはできるのかと思うんです
田原敬一郎
世のため人のために役立てられるかが、勝負だと思っている
柳 哲雄
干潟は大事だとわかっているけれど、 どう大事なのかはわかっていない
一見和彦
医療ってどこで習うんだろう?
これってなかなか難しい問題なんです
行岡哲男
人に直接的に貢献できるから
ER の研究をするようになりました
依田育士
プロジェクトの成果をどうやって
社会に実装するか考えています
S. K.
人間のやってきたことが積み重ね
られていないなって思ったんです
吉田省子
『北海道にそれが必要なのかな?』
いう疑問がスタートでした
I. T.
生活は知識や技術が合わさった総体
となって成り立っているものだと思う
竹内慶至
互いに不信感を抱いている研究者と
メディアの架け橋になるのが役目
瀬川至朗
日本の科学ニュースはたくさんあるが一部しか外国に伝わっていない
角林元子
科学とメディアの仲立ちをする人が
必要だから、参加してます
永井健太郎
法廷から『科学者として説明して
ください』という要請がきました
本堂 毅
世の中がどうしてこうなったのかと
思った時に、考えなければいけない
松原克志
トップページへ