科学技術と知の精神文化研究会

RISTEXでは、社会問題の調査分析、問題解決のための連携・協働の基盤作りを行っています。

「科学技術と知の精神文化」研究会

 世界が大きな時代の転換期を迎えている現在、科学技術、そして学問は何をよりどころとし、どこへ向かうべきなのでしょう。この問いに答えを出すためには、人々の精神・規範・文化と科学技術の関係を歴史に学び、さまざまな観点から討論する必要があるのではないでしょうか。

 そこで、RISTEXでは平成19年に「科学技術と知の精神文化」研究会を設置し、阿部博之・東北大学名誉教授の主宰のもと、継続的に会合を開催しています。研究会では学問、科学技術を取り巻く内外の言説、活動、精神、風土などについて、理系だけでなく人文・社会科学、企業、行政などさまざまなバックグラウンドを持つ有識者の方にお話をいただき、議論を深めてきました。

 研究活動の成果は書籍にまとめ、発行しています。

2017habahiro_p41_1  書籍「科学技術と知の精神文化シリーズ

科学技術振興機構社会技術研究開発センター編
丸善プラネット株式会社発行
定価1500円+税 (シリーズⅠ~Ⅶ 平成30年11月時点)