東日本大震災におけるRISTEXの取り組み

プログラム総括

冨浦 梓(東京工業大学 元監事)

研究開発実施期間

平成23年度

領域・プログラムの紹介(報告書はこちら)

「研究開発成果実装支援プログラム【公募型】」について

領域・プログラムWebサイト

研究開発成果実装支援プログラム

2011年3月11日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、ご家族の皆様に心からお見舞い申し上げます。 また、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

RISTEXは 「社会における、社会のための科学」という理念に基づき、日ごろから高齢化、地球温暖化、安全・安心などさまざまな「社会の問題解決」に向けた研究開発を行っています。今回の東日本大震災においてもいくつかのプロジェクトが被災者・被災地の問題を解決するための対応や支援活動を始めています。ここでは、その取り組みについて紹介します。

「研究開発成果実装支援プログラム」東日本大震災対応・緊急提案募集について

 RISTEXでは東日本大震災の復旧・復興に当たり、即効性のある研究開発成果に関して、特に被災地域に実装する取り組みを数件募集しました(募集は終了しました)。
 支援期間は活動開始後、最長平成24年3月31日までとし、金額は1件あたり500万~1000万円です。
 今回の緊急公募は、23年度内限りの支援となることから、社会や都市インフラの再構築、ロジスティックス合理化、NPO現地支援に関する手法開発など、取組内容が具体的で災害復旧・復興への効果が現段階で既に明確なものに限られます。

RISTEXのプロジェクトの取り組みについて

RISTEXでは日ごろから高齢化、地球温暖化、安全・安心などさまざまな「社会の問題解決」に向けた研究開発を行っており、東日本大震災においても、いくつかのプロジェクトが被災地に貢献する対応や支援活動を行いました。

「科学技術と外交・安全保障のための連携・協働の基盤づくりプロジェクト」の取り組みについて

 RISTEXの「科学技術と外交・安全保障のための連携・協働の基盤づくりプロジェクト」は国際的な外交・安全保障全般を対象に、科学技術コミュニティと外交・安全保障コミュニティとの間にかけ橋を作ることを目指すグループです。日ごろ構築してきた日本国内外における産官学の重層的なネットワークが今回の震災及び福島第一原発の事故の対応に即したものであることから、放射線災害情報などの配信によるリスクコミュニケーション支援、事態対応に資する資機材情報の提供、被災地支援情報の収集・配信による支援強化の補助、また海外・在日外国人のための情報配信などを積極的に行っています。
 またこれまで築いてきた海外の関係機関とのネットワークを通じて、今回、米国防総省の省庁横断型テロ対策技術開発作業部会から個人用放射線線量計の無償提供の申し出を受けました。放射線に曝されるとセンサーが瞬時に変色し、センサーの変色を上下のカラー・バーの色と照合して被ばく量を各人が簡単に判断できる小型(切手サイズおよび名刺サイズの二種類)の線量計約30、000枚が無償で供与され、政府窓口を通して福島第一原発付近で働く自衛隊・消防などの各関係者に配布されました。また、茨城交通のバスの運転手さんなど、民間企業の関係者にも一部が提供されました。

その他調査・報告

シンポジウム等


東日本大震災に関するRISTEXの研究開発プロジェクトの取り組み

この成果をご活用ください !

この成果に対するご相談・お問い合わせは、下記フォームよりお送りください。