人文社会科学の知を活用した、技術と社会の対話プラットフォームとメディアの構築

研究代表者
庄司昌彦
所属
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
役職
准教授
研究開発期間
平成30年10月~平成33年9月

プロジェクトの概要

人文科学、社会科学などの知識を活用し、技術と社会の対話プラットフォームを構築する。プラットフォームは、情報技術が社会にもたらすリスクなどを把握検討し技術開発・社会実装・普及をなめらかに推進していくためのメディアで構成される。

一般における AIや情報技術への印象や議論は、専門家の冷静な議論と乖離することが少なくない。また同様の分断は学術分野間でも見受けられる。本プロジェクトは、背景が異なる研究者、技術開発者、メディア製作者らが活発な議論を創発する「対話の場」を構築する。そして、その議論内容をアイデア源としたウェブサイト、マンガ・アニメ等の多種多様なメディアを製作し、それらを社会に届け、フィードバックを得ながら改善を図る。さらに、読者の間でさらなる議論やコンテンツが生まれるための方法論を広く提供する。

実施者

庄司昌彦(代表者)

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

准教授

塚田有那

一般社団法人Whole Universe

代表理事

ドミニク・チェン

早稲田大学文化構想学部

准教授

中西崇文

武蔵野大学データサイエンス学部

准教授

高瀬堅吉

自治医科大学医学部

教授

田崎佑樹

一般社団法人Whole Universe

理事

清水聡美

フリーランス

企画制作

横石崇

株式会社&Co.

代表取締役

清水淳子

TokyoGraphicRec

代表

山内康裕

レインボーバード合同会社/マンガナイト

代表

参画・協力機関

国際大学

一般社団法人Whole Universe

早稲田大学

武蔵野大学

自治医科大学

株式会社&Co.

TokyoGraphicRec

レインボーバード合同会社