データポータビリティ時代におけるパーソナル情報のワイズ・ユース実現支援プラットフォームに関する研究

研究代表者
柴崎亮介
所属
東京大学空間情報科学研究センター
役職
教授
研究開発期間
平成30年10月~平成33年9月

プロジェクトの概要

データポータビリティ(Data Portability/DP)の導入により「統合的なパーソナル情報(Comprehensive Personal Information/CI-PI)」が生成される。これはサービス提供の過程で生成されるパーソナル情報を、個人がDP権を行使して集約することで生まれる新しい情報資産である。

本提案では、CI-PIの生成・流通・利用に関して、個人(消費者)、企業・産業、社会・公共の3つの視点からシナリオ分析と影響分析を実施し、その分析に基づき、社会システムとしてのCI-PI流通・利用メカニズムをデザインし、個人(消費者)、企業、社会・公共の三者の対話を支援するソフトウェアと専門家のコミュニティからなるプラットフォームを構築することで、ワイズ・ユースの実現を支援する。

実施者

柴崎亮介(代表者)

東京大学空間情報科学研究センター

教授

砂原秀樹

慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター

教授

生貝直人

東洋大学

准教授

石井美穂

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所

リサーチャー

板倉陽一郎

ひかり総合法律事務所/理化学研究所革新知能統合研究センター/国立情報学研究所

弁護士/客員主管研究員/客員教授

伊藤直之

株式会社インテージ開発本部

エバンジェリスト

金杉洋

東京大学地球観測データ統融合連携研究機構

特任研究員

クロサカタツヤ

慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科

特任准教授

神武直彦

慶應義塾大学大学院 システムデザイン マネジメント研究科

教授

坂下哲也

JIPDEC

常務理事

庄司昌彦

国際大学グローバルコミュニケーション・センター

准教授/主幹研究員

辻邦浩

ナレッジキャピタル

シニアディレクター

林達也

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所

リサーチャー

松原剛

東京大学地球観測データ統融合連携研究機構

特任研究員

山内正人

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

特任講師

参画・協力機関

東京大学

慶應義塾大学

東洋大学

ひかり総合法律事務所

株式会社インテージ

JIPDEC

国際大学

ナレッジキャピタル