梅原 真氏 梅原デザイン事務所主宰

脱温暖化をめざして
JSTRISTEXホーム>梅原 真氏 梅原デザイン事務所主宰

プロフィール

梅原 真氏  高知市生まれ。デザイナー。
 1972年高知放送プロダクション入社。テレビ美術担当。スペイン、アメリカ遊学後 1980年梅原デザイン事務所主宰。
 デザインを一次産業再生のために使いたい。1988年高知県土佐佐賀町。かつお一本釣り漁業再生のため「土佐一本釣り・藁焼きたたき」をプロデュース。8年間で20億円の産業を作り出す。1989年高知県大方町。4kmの砂浜を巨大なミュージアムに見たてる「砂浜美術館」をプロデュース。ゼロエミッション美術館として、2000枚のTシャツが砂浜で「ひらひら」する風景を作る。2010年モンゴルでひらひら、2011年ハワイでひらひら。1995年~(株)四万十ドラマのプロデュース。「四万十のひのき風呂」「しまんと紅茶」「しまんと地栗」などの商品開発をベースに、流域の産業を再生する。2005年、四万十川流域で販売するものはすべて古新聞で包もう!を コンセプトに「しまんと新聞バッグ」をプロデュース。ベルギーをはじめ世界に展開。現在TOHOKU NEWSPAPER BAG PROJECT進行中。
 デザインはモンダイ解決ソフトであると考えている。「一次産業×デザイン=ニッポンの風景」という方程式で活動する。

  • 「ニッポンの風景をつくりなおせ」羽鳥書店
  • 「おまんのモノサシ持ちや!」日本経済新聞経出版(関連書籍)
  • 「AXIS」アクシス2011.8月号(関連書籍)

戻る