JSTトップ > 研究倫理 > 告発窓口

[本文]

告発窓口

JSTの事業に係る研究開発活動の不正行為(研究成果の捏造、改ざん、盗用)及び研究費の不正な使用の告発受付窓口の設置について

JSTでは、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日 文部科学大臣決定)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日 文部科学大臣決定、改正平成26年2月18日)を踏まえ、JSTの実施する事業に係る研究開発活動の不正行為及び研究費の不正な使用の告発受付窓口を以下のとおり設置しています。

告発の受付窓口

国立研究開発法人科学技術振興機構 監査・法務部 研究公正課
〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ

直通電話
03-5214-8391
ファクシミリ
03-5214-8393
電子メール
メールアドレス

※電話による受付時間は、平日9:30〜12:00 13:00〜17:00です。
※添付ファイルやリンクを含むメールの場合、回答に時間を要する場合があります。

告発を行う際の留意事項

  1. 研究開発機関に所属する研究者が行った不正行為及び研究費の不正な使用については、原則として、当該研究開発機関が調査を行うことになることをあらかじめご承知置きください。
  2. 告発を受け付ける際には、告発者の氏名・所属・連絡先、不正を行ったとする研究者・研究グループ、不正行為及び不正な使用の態様、不正行為及び不正な使用と考える根拠、不正が行われたJSTの事業や使用された競争的資金等の名称、JST以外の研究機関等に対する告発の有無を確認させていただきます。また、告発者に調査への協力を求める場合があること、調査の結果告発が悪意に基づいて行われたと認定された場合には告発者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等がありうること、告発に係る調査を実施するため他機関に告発内容を開示する場合があることをあらかじめご承知置きください。