最新情報

JSTトピックス

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「エネルギーキャリア」に参画する株式会社ノリタケカンパニーリミテドが2016年「"超"モノづくり部品大賞」を受賞

内閣府SIPホームページ http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/
SIP「エネルギーキャリア」 http://www.jst.go.jp/sip/k04.html

戦略的イノベーション創造プログラム(以下SIP)「エネルギーキャリア」(プログラムディレクター(PD):村木 茂 (東京ガス(株)顧問)の研究開発テーマ「アンモニア燃料電池」に参画する株式会社ノリタケカンパニーリミテドが、『カーボンフリー燃料の直接供給型燃料電池用部品「セラミックスセル」および「封止ガラス」』のタイトルで2016年「"超"モノづくり部品大賞」を受賞しました。

SIP「エネルギーキャリア」は、再生可能エネルギー等を起源とする電気および水素等により、クリーンかつ経済的でセキュリティーレベルも高い新たなエネルギー社会を構築し、世界に向けて発信することを目的としています。株式会社ノリタケカンパニーリミテドは、SIP「エネルギーキャリア」の研究開発テーマ「アンモニア燃料電池」に参画し、アンモニアを直接燃料とする二酸化炭素(CO2)を発生しない燃料電池の開発に取り組んでいます。アンモニア燃料に適した新しいセラミックスセルスタックと封止ガラスを開発したことが鍵となり、アンモニア燃料電池として世界最大規模の発電に成功したことが評価されこの受賞に至りました。

"超"モノづくり部品大賞は、モノづくり日本会議と日刊工業新聞社が、日本のモノづくりの競争力向上を支援するため、産業・社会の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在の部品・部材を対象に実施しているものです。