最新情報

JSTトピックス

「平成28年熊本地震関連国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)成果報告シンポジウム」を開催しました
2017年03月04日 熊本大学工学部百周年記念館(熊本県熊本市)

科学技術振興機構は3月4日(土)、「平成28年熊本地震関連国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)成果報告シンポジウム」を開催しました。

本シンポジウムでは、J-RAPID(注)の8件の研究課題の成果報告が行われました。日本と、アメリカ、タイ、ニュージーランド、ネパール各国の研究代表者による発表および活発な質疑応答や意見交換が行われました。参加者は大学等研究者、企業関係者、熊本県関係者など幅広く、総勢約70名の参加がありました。

熊本地震関連研究・調査に対するJ-RAPIDによる支援は2017年3月をもって終了しますが、本プログラム終了後も日本と各国の研究者のネットワークや交流が継続されることにより、被災地域の復興と、日本およびJ-RAPID参加各国の今後の防災対策において、J-RAPIDの成果が生かされることが期待されます。

  • 注)J-RAPIDは、自然災害、人的災害等の不測の事象が発生し、データ取得や問題解決の為に緊急研究・調査が必要な場合に実施され、海外の研究資金配分機関(FA)や研究機関と共同して行われる国際共同研究・調査を支援します。迅速に初動的な研究・調査を支援することにより、本格研究・調査への橋渡しとしての役割を担います。これまで、東日本大震災関連の研究33件、タイの水害関連の研究2件、フィリピンの台風30号関連の研究11件、ネパール地震関連の研究13件、熊本地震関連の研究8件を支援しました。
  • http://www.jst.go.jp/inter/sicp/country/j-rapid.html
  • 【概要】
  • 平成28年熊本地震関連国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)成果報告シンポジウム
  • 会期:2017年3月4日(土)
  • 会場: 熊本大学工学部百周年記念館
  • 主催:科学技術振興機構(JST)
  • 参加費:無料
  • http://www.jst.go.jp/inter/sicp/country/j-rapid/kumamoto/index.html


九州大学 ハザリカ教授(左)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ケイエン教授(右)


カンタベリー大学 キアロ講師(左)
東京大学 清田准教授(右)